カテゴリー「フランス小話 des histoires drôles」の10件の記事

2007年8月 9日 (木)

フランス小話(10) les histoires drôles(10)

 ----- 今回は、すべて赤ちゃん編 bébé  -----

(32) ある司祭が聖体拝領の儀式を行っているところだった。真面目そうな女性が、腕に赤ちゃんを抱えて聖なるテーブルに来た。

ちょうど司祭が信徒である母親に聖体のパンを渡そうとした時、赤ちゃんがそれを取ろうとして腕を伸ばした。司祭は尻込みした。彼がまた渡そうと試みるのだが、その度に、赤ちゃんが手を伸ばす。

終に、いらだった司祭はそのちびっ子に言った。「これに触ったらだめだよ。これはウンチなんだよ!」

Un curé est en train de distribuer la communion. Une brave femme est venue à la table sainte avec son bébé sur les bras.
Au moment où le curé tend l'hostie à sa paroissienne, le bébé avance le bras pour la prendre.  Le curé se recule. Il essaie de recommencer, mais à chaque fois, le moutard tend la main.
A la fin, le curé, excédé, lui lance:
-  Touche pas à ca. C'est du caca!

(Cojico記: 聖体のパンをウンチと言った面白さだけでなく、ちびっ子のmoutard(ムタール)の音は、 からしmoutarde(ムタールドゥ)に似ていて、これがウンチの色とかけられている面白さもあると思う。)

     

(33) とても甘~い若夫婦がいた。ある夜、夫が家に帰ってきたとき、妻が編み物をしているのを見つけた。
「何してるの?」 彼は言った。
「編み物をしているのよ。」 彼女は小さい声で答えた。
「何を編んでるんだい?」
「赤ちゃんのシャツを編んでるの」 彼女は、そっとささやいた。
「赤ちゃんのシャツ? うわーっ、僕の可愛い人よ!じゃ、赤ちゃんが出来たんだね!」
「そうよ」 彼女は、彼にそっと耳打ちし、さらにそんなに大きくない声で言った。 「赤ちゃんを驚かせたいのっ!」

C'est un jeune ménage très doux. Quand le mari rentre chez lui, un soir, il trouve sa famme en train de tricoter.
- Qu'est-ce que tu fais? lui dit-il.
- Je tricote, lui répond-elle à voix basse.
- Qu'est-ce que tu tricotes?
- Je tricote une brassière, souffle-t-elle.
- Une brassière? Dieu du ciel, ma chérie! Mais alors nous attendons un petit bébé!
- Oui, lui murmure-t-elle dans l'oreille, mais parle pas si fort, je voudrais lui faire une surprise!

    

(34) 産院で、2人の赤ちゃんがおしゃべりしていた:

「君は、男の子? 女の子?」
「えーっと、そんなの知らない!」
「ちょっと待って!僕がすぐに調べてあげるよ!」
と言って、最初の赤ちゃんはもう一人のシーツをめくり、叫んだ。
「君は、女の子だよ!」
「えっ? どうやって分かったの?」
「だって君は、ピンク色の毛糸のソックスを履いているもの・・・」

A la maternité, deux poupons bavardent:
- Tu es un garcon ou une fille?
- Ben, je sais pas!
- Attends! Je vais te dire ca tout de suite!
Et le premier bébé soulève le drap de l'autre, puis il s'exclame:
- Tu es une petite fiile!
- Ah? Et comment tu le sais?
- Tu as des chaussons roses....

 

(Dictionnaire des histoires drôles: Hervé Nègre より Cojico訳)

そのほかの小話については、カテゴリーより「フランス小話」をクリックしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年7月 6日 (金)

フランス小話(9) les histoires drôles(9)

Station

(29)   -----  バナナ編  banane -----

それは、地下鉄の中でのことだった。

奥の座席で(注:Cojicoーパリの地下鉄の旧型は、バスの車輌を繋げたように一車輌ごと独立していて、その両端の座席は弧状になっている。)、若者が新聞を読んでいた。でも、驚くことに、彼は耳にバナナを差し込んでいた。

彼の正面には、それなりに上品なご婦人が座っていたのだが、突然我慢できなくなり、その変わった人物に声をかけた。

「すみません、無礼をお許してください。でも、とても知りたいんです。どうして貴方は耳にバナナを入れてるんですか?」

相手は何も答えない。彼女はいらいらして、少し大きな声で同じ質問を繰り返した。しかし若者は、相変わらず新聞を読み続けている。途端、その女性はかっとし、その善良な人物の手から新聞をもぎ取り、わめきたてた。

「どっちなの?貴方が耳にバナナを入れている理由を、私に言ってくれるの、どうなの?」

若者は驚いた目つきで、彼女を見上げた。「何を言ってるんですか?もっと大きな声で言ってください。私が耳にバナナを入れてるのが見えないのですか?」

----- 

La Scène se passe dans le métro. Sur le banc du fond, un gars est en train de lire son journal, mais la chose la plus surprenante, c'est qu'il a une banane enfoncée dans l'oreille.
En face de lui, il y a une dame trés comme il faut, mais au bout d'un moment, n'y tenant plus, elle s'adresse à son étrange voisin:

- Pardon, monsieur, veuillez excuser mon impertinence, mais vraiment j'ai besoin de savoir! Pourquoi est-ce que vous avez une banane dans l'oreille?

  Et l'autre ne répond rien. Alors la dame s'énerve et elle répète sa question un peu plus fort. Mais le gars continue à lire son journal. Du coup la dame pique du coup de sang, elle arrache le journal des mains du bonhomme et elle se met à hurler:

- Oui ou non, est-ce que vous allez me dire pourquoi vous avez une banane dans l'oreille?
Et le gars lève vers elle un regard étonné:
- Qu'est-ce que vous dites? Parlez plus fort! Vous ne voyez pas que j'ai une banane dans l'oreille?

   

(30) -----  ダンスパーティー  bal -----

ある仮装パティーで、家の主人が、両手の黒い手袋、両足の黒いハーフブーツ以外は何も身に着けていない若い女性に近づいた。とても驚いた彼は、彼女に尋ねた。

「無礼をお許しください。でも、貴方は一体なんに変装しているのですか?」

「あの、スペードの5・・・なんですが・・・」

-----  

Dans un bal travesti, le maître de maison s'approche d'une jeune fille toute nue qui ne porte que des gants noirs et des bottines noires. Et très étonné, il lui demande:
- Excusez mon inconvenance, mais vous êtes déguisée en quoi?
- Ben, dit-elle, en cinq de pique...

    

(31) -----  赤ちゃん bébé  -----

「で、その赤ちゃんのお名前は?」 市役所の職員が、父親に尋ねた。

Olfwjuimkzof、です。名付け親のせいで・・・」

「ああ、そうですか。その名付け親の方は、スラブ系なのですね?」

「いいえ、眼科医なんです。」

-----

- Comment nous allons l'appeler, ce petit? dit l'employé de mairie au père.
- Olfwjuimkzof,  à cause de son parrain....
- Ah, bon! Son parrain est slave?
- Non. Il est oculiste. 

   

(Dictionnaire des histoires drôles: Hervé Nègre より Cojico訳)

そのほかの小話については、カテゴリーの「フランス小話」をクリックしてください。

| | コメント (20) | トラックバック (2)
|

2007年6月13日 (水)

フランス小話(8) les histoires drôles(8)

Paris1_2   

(26)  ----- 乱闘編 bagarre -----

ある男が酒場にやってきて言った、「ダブルのウイスキー一杯、乱闘の前に」。

彼は一気にそのウイスキーを飲み、言った、「すみません、もう一杯、乱闘の前に・・・」。

彼は同じようにして4杯飲んだ。そして、バーテンに言った。

「さて今度は、すぐにビンを下さい。これから乱闘があるから・・・」

「でも、なんの乱闘について話してるんです?」 バーテンが尋ねた。

「なんの乱闘かって?私が文無しだということを、貴方が知るまで、少し待ってください・・・」

      

Un type arrive dans un bar et il dit:

- Un whisky double, avant la bagarre.

Il se tape son whisky d'une seule lampée et il dit:

- S'il vous plait, un autre whisky, avant la bagarre...

Il en boit quatre comme ca. Puis il dit au barman:

- Et maintenant, donnez-moi tout de suite la bouteille, parce qu'il va y avoir une bagarre...

- Mais de quelle bagarre parlez-vous?  demande le barman.

- Quelle bagarre? Attendez un peu de savoir que j'ai pas un rond sur moi...

    

(27) ----- 水浴編1 bain 1 -----

  二人の可愛い娘が、滝の近くに水遊びにきた。彼女達は、周りに誰も居ないのを確かめた後、水際にあった小さな柳の木にすべての服を脱ぎ捨て、川の中に飛び込んだ。

  水から出た後、春によって興奮し体を乾かすこともせず、無邪気に身を投げ出していた。突然、彼女達の後ろで、いかめしい声がどなり始めた。

  「偽装の第一小隊、作戦終了!」

  そして、小さな柳の木は、(軍隊の)並足で去っていった・・・

     

  Deux jolis tendrons sont venus se baigner près d'une cascade. Après avoir vérifié qu'il n'y a personne dans les alentours, elles abandonnent tous leurs vêtements dans le petit bos de saules au bord de l'eau et elles plongent dans la rivière.

  Et en sortant, sans même se secher troublées par le printemps, elles se laissent aller à certaines privautés. Puis soudain, derrière elles, une grosse voix se met à hurler:

  - Première section de camouflge, opération terminée!

  Et le petit bois de saules s'en va au pas cadencé...

    

(28) ----- 水浴編2 bain 2 -----

トトは物理の宿題に苦しんでいた。彼は入浴中の父親に尋ねてみた。

「パパ!体が水の中に浸かっている時、何が起こるの?」

「体が水の中に浸かっている時?」 ドアの向こうで父親は叫んだ。

「う~ん、一般的に、電話が鳴るのはそういう時なんだけど・・・」

 

  Toto est en train de secher sur son devoir de science physiques. Il demande à son père qui est dans la salle de bain:

- Papa! Qu'est-ce qui arrive quand un corps est plongé dans l'eau?

- Quand un corps est plongé dans l'eau?  crie son père à travers la porte. Eh bien, en general, c'est à ce moment-là que le telephone sonne...

    

(Dictionnaire des histoires drôles: Hervé Nègre より)

そのほかの小話については、カテゴリーの「フランス小話」をクリックしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年3月16日 (金)

フランス小話(7) les histoires drôles(7)

久しぶりにフランス小話を・・・

(21)----- Allemagne ドイツ -----

   スパイや対スパイ(防スパイ?)、2重スパイなどがうじゃうじゃいたベルリンでの事、あるレストランで、客がボーイを呼んだ。

   「あなたは、3個の肉ボールを僕に出してくれたんだけど、3個目のがどうしても切れないんですよ!」

   「ああ、当然です。」とボーイは言った。「3個目は、マイクロフォンなんで・・・」

Dans un restaurant de Berlin où pullulent les espions, les contre-espions et les agents doubles, un client appelle le garcon:

- Vous m'avez servi trois boulettes de viande hachee, mais je n'arrive pas a couper la troisieme!

- Normal, dit le garcon. La troisieme, c'est le microphone!

(22)----- Allemagne ドイツ -----

   2人のいたずらっ子が、パリを訪れたドイツ人旅行者を観察していた。一人が言った。

   「でも・・・何をあんなふうに、罵り合うことがあるんだろうね?」  

   もう1人が答えた。「罵り合ってなんかいないよ。あの人たちは、フランスでの生活の穏やかさについて話しているんだよ。」

(Cojico記: ”ドイツ語を聞くと、けんかしているように聞こえる”とは、フランス人のドイツ語に対する普通の感想です。イタリア語は、音楽のように聞こえるんですって。)

Deux titis sont en train d'observer des touristes allemands qui visitent Paris.

  - Mais, dit le premier, qu'est-ce qu'ils ont à s'engueuler comme ca?

  - Ils ne s'engueulent pas, dit l'autre. Ils psrlent de la douceur de vivre en France...

(23) -----  Ange  天使 -----

   2人の天使がおしゃべりをしていた。

   「明日の天気はなあに?」

   「曇りだよ」

   「うわ、やったあ!僕達、座れるかもね・・・」

       Deux anges font la causette.

       - Quel temps fera-t-il demain?

       - Nuageux.

       - Ah, tant mieux! On pourra s'asseoir...

(24) ----- Avion 飛行機 -----

 彼女は、センセーショナルなスチュワーデスです。彼女は乗客に近づき、彼にこう言うのです。

   「紅茶、コーヒー、コカコーラ、それとも 私?」

  C'est une hôtesse de l'air sensationnelle. Elle s'approche du passager et elle lui dit:

       - Thé, café, coca-cola ou moi?

(25) ----- Avion 飛行機 -----

   新しいモデルのスーパージェットが、ロサンジェルス空港から初めての離陸をしようとしていた。乗客たちはすばらしい肘掛座席に座り、スーパースピーカーから流れる静かな声を聞いていた。

   「メダム、メッシュウ、レディーズ アンド ジェントルメン、あなた方は、航空産業においての最新技術を装備しておりますMEV312に乗船された最初のお客様です。なお、この飛行機には、乗務員はだれも搭乗していないことを御承知ください。しかし、安全性は絶対でして、何のご心配にも及びません。なぜなら、操縦は電子機器により行われているからで・・・・・電子機・・・・・子機・・・・・子機・・・・・」

       Le super-jet, nouveau modèle, vient de décoller pour la première fois de l'aérodrome de Los Angeles. Les passagers sont assis dans de superbes fauteuils et ils entendent une voix feutrée dans n super-haut-parleur qui leur dit:

       - Mesdames, messieurs, Ladies and genrlemen, vous etes les premiers passagers à voyager à bord du MEV312, qui représente le dernier cri de la technique en matière d'aviation. Vous n'êtes pas sans savoir qu'il n'y a pas d'équipage à bord. Mais la sécurité est absolue et vous n'avez rien à craindre, car le pilotage est fait par une machine électroni... chine électroni... chine électroni... chine électroni...

(Dictionnaire des histoires drôles: Hervé Nègre より)

そのほかの小話については、カテゴリーの「フランス小話」をクリックしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年2月23日 (金)

フランス小話(6) les histoires drôles(6)

今回は、「自動車 automobile 」の項目から。

(16)彼:「かわいい君よ、車を車庫に入れたの?」

   彼女:「ええ、あなた、部分的に・・・・」

  Lui: - Tu as garé ta voiture, mon chou?
  Elle: - Oui, cheri. En partie...

(17)ある若者がタクシーを止め、運転手に言った。

「このあたりを回ってください。どこに車を止めたのか分からなくて・・・」

Un gars arrête un taxi et il dit au chauffeur:
- Faites-moi faire le tour du quartier. Je ne sais plus où j'ai garé ma voiture...

(18)ヒッチハイクをしていたとても可愛い娘は、実業家の男性のジャガーに乗せてもらった。暫らくして彼が言った。

「ご覧の通り、パリ・リール間を何度も行き来しております。今週、妊娠している女性を乗せたのは、これで4回目です。」

「でも、わたし、妊娠していませんよ!」 その女性は答えた。

「そのとおりです。でも、貴方はまだリールに着いていませんから・・・」

Cette très jolie fille, qui faisait de l'auto-stop, a été embarquée par un homme d'affaires dans sa Jaguar. Au bout d'un moment, il lui dit:

- Vous voyez, je fais cette route de Paris-Lille très souvent et cette semaine, c'est la quatrieme fois que je ramasse une femme enceinte...

- Mais je ne suis pas enceinte! dit la passagère.

- Oui, mais vous n'êtes pas encore à Lille...

(19)警察官が、一方通行の道を逆に猛スピードで運転している若者を捕まえた。

警官:「一方通行の道を流れに逆らって走っているだけで十分違反なのに、さらに制限速度オーバーもしているのだぞ!」

若者:「ああ、そうだね。僕はきっとものすごく遅れたに違いないよ、だって、み~んな、戻ってきているんだもの・・・」

Un flic arrête un gars qui roule à tombeau ouvert, à l'envers du sens unique:

- C'est déjà pas mal, lui dit-il, de prendre un sens unique à contre-courant, mais en plus vous dépassez la vitesse limite!

- Ben oui, dit le gars. Je dois être sacrément en retard puisqu'ils sont tous en train de revenir...

(20)白バイ憲兵が、街の道路を時速130キロ出している運転手にホイッスルを吹き、追いかけた。その車は幹線道路の路肩に止まって、ようやく追跡は終わった。その時、車のドアから運転手が頭を出し、静かに言った。

「すみません、おまわりさん。でも、ブレーキが利かなくなったんで、事故に遭う前に早く家に帰ろうと急いでたもので・・・」 

Un motard de la gendarmerie siffle un automobiliste lancé à cent trente à l'heure dans la traversée d'un village. Il poursuit la bagnole qui finit par s'arrêter sur le bas-côté de la route. Alors le chauffeur passe la tête par la portiere et il dit gentiment:

- Excusez-moi, monsieur l'agent, mais comme je n'ai plus de freins, je me dépêche de rentrer chez moi avant d'avoir un accident...

◆ Dictionnaire des histoires droles - Livre Poche より

◆今までの小話は、サイドメニューの「カテゴリー」から”フランス小話”を選んでください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年2月 8日 (木)

フランス小話(5) les histoires drôles(5)

今回は、「恋人」と「貴族階級」の項目から。アルファベット順に見ていますが、未だに、Aの項目です。Zまで続けられるでしょうか?

 --- amoureux  「恋人」---

(12) 男: 「愛する人よ、お願いだ、僕が君の人生でほんとうの初めての男性だと言ってくれ・・・」

    女: 「ええ、もちろんいいわよ。でも、どうして男の人ってみんな同じ質問をしなければならないのかしら。」

    Lui: - Mon amour, je t'en supplie, dis-moi que je suis vraiment le premier dans ta vie...

    Elle: - Mais bien sûr, chéri. Je me demande ce qu'ils ont, les hommes, à poser tous la même question!

(13) 電話口での愛の告白:

 - 「愛しい人よ!僕はもう、君なしでは生きられない!君を僕の手元においておくためなら何でもするよ。もし君が僕から去ってしまったりしたら、君を見つけるために世界中を捜し歩くかもしれないよ!海やジャングルを超え、砂漠を横断するかも・・・」

 - 「まあ!私の愛する人・・・すぐに来て!待っているわ!今、服を脱ぎ始めたの・・・」

 - 「あの・・・今晩はやめるよ!」 若者は口ごもった。「雨が少し降っているので・・・」

    Déclaration d'amour au téléphone:

    -  Chérie! Je n'en peux plus de vivre sans toi! Je suis prêt à tout pour te garder... Et si tu me quittais, je ferais le tour du monde à pied pour te retrouver! Je traverserais la mer, la jungle et les déserts...

    Et à l'autre bout du fil, la fille glousse:

    -  Oh! Mon amour...  Viens tout de suite!  Je t'attends!  Je commence à me deshabiller...

    -  Euh....  Pas ce soir!  balbutie le gars. Y a du crachin...

(14) 数学者が、美しい愛の話によって感傷の世界に引きずり込まれた。(直訳:美しい愛の話が、数学者を感傷の世界に引き込んだ。)

 - 「(決して交わることのない)二つの平行線が愛し合っているなんて・・・ああ!」

     Une belle histoire d'amour pour faire mediter les mathématiciens:

     《 Deux paralleles s'aimaient...  Helas! 》

 --- aristocratie  「貴族階級」---

(15) カルカッタ近くの小さな公園で、英国の最上流社会のご婦人3人が、ティータイムを楽しんでいた。

    突然、藪の中から一匹のゴリラが飛び出してきた。ゴリラは彼女達の一人を捕まえ、連れ去ってしまった。残された二人には、少しの間、気まずい時間が流れた。そして、二人はまた小さなスプーンを持ち、紅茶の方へ向き直った。一人がもう一人の人に言った:

   「貴方が私と同じ意見かどうか知らないけれど、私には、彼(ゴリラ)が彼女のどこを良いと思ったのか、全然わからないわ・・・」

      Trois dames de la plus haute société britanique sont en train de prendre le thé dans un petit jardin du côté de Calcutta.

      Soudain un gorille sort d'un buisson, il s'empara d'une des ladies et il disparaît avec. Les deux autes ont un petit momonet de gêne. Puis elles continuent à tourner leur thé avec une petite cuiller et il y en a une qui dit à l'autre:

     - Je ni sais pas si vous êtes de mon avis, mais je ne vois vraiment pas ce qu'il lui trouve...

- Dictionnaire des histoires droles - Livre Poche より

◆その他のフランス小話は、サイドメニューの「カテゴリー」から”フランス小話”を選んでください

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年1月13日 (土)

フランス小話(4) les histoires drôles(4)

今回は、なんとなくイギリスでありそうなことをピックアップしてみました。 

-- イギリス  Angleterre  -- より

(9) イギリス料理? もしそれが温かいものなら、スープ。冷たいものなら、ビールだな。

     La cuisine anglaise? Si c'est chautm c'est de la soupe. Si c'est froid, c'est de la bière. 

 

(10) 一人の紳士がロンドンのあるクラブで昼食を取っていた。彼は、ズボンの前が開いているのに気がついていなかった。そこで、ホテルの支配人がうやうやしく近づき、2つに折った小さな紙を乗せた銀の皿を差し出した。その英国紳士はゆっくりとフォークを置いた。そしてその紙を取り、広げ、そして読んだ:

  《お邪魔して申し訳ありません。でも、貴方のズボンの前が開いております!さらに、失礼ながら申し上げますと、私は貴方を愛しております!》

   Un gentleman dejéune dans un club de Londres. Il ne s'est pas apercu que sa braguette est ouverte. Alors le maitre d'hôtel s'approche cérémonieusement et il lui tend une soucoupe d'argent sur laquelle est posé un billet plié en deux.. L'Anglais pose sa fourchette lentement. Il prend le papier, il le déplie et il lit:

   Pardonnez-moi de vous déranger, mais votre braguette est ouverte! Et sauf votre respect....je vous aime!》    

(11)  ロンドンの市内バスがハイドパークの前で止まった。運転手は黒人、車掌も黒人、そして、まるで偶然でもあるかのように、真ん中に座っている非常に上品で小柄な老人を除いて、すべての乗客が黒人だった。

  一人のイギリス人がそのバスに乗り込んだとき、周りのみんながごくかすかに眉を上げたのを注視した。彼は、そのたった一人の白人の客に近づいて、お辞儀をしながら言った。

  「リヴィングストーン博士とお見受けいたしますが?」

  Un autobus londonien s'arrête devant Hyde Park. Le chauffeur est noir, le receveur est noir et comme par hasard, tous les voyageurs sont noirs à l'exception d'un petit vieux très propre assis au milieu.

   Alors, il y a un Anglais qui monte dans l'autobus, il considère le spectacle en levant imperceptiblement le sourcil, il s'approche du seul voyageur blanc et il lui dit en s'inclinant:

   - Doctor Livingstone, I presume?

- Dictionnaire des histoires droles - Livre Poche より

◆その他のフランス小話は、サイドメニューの「カテゴリー」から”フランス小話”を選んでください

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

2006年12月29日 (金)

フランス小話(3) les histoires drôles(3)

休みに入ってから、時間があると思っていたら、あれよあれよという間に年末になり、雑用に追われる毎日になってしまいました。印象に残った展覧会の感想を書こうと思っていたのに、全然できていません。

”いつかしよう”と思っていた『いつか』というのは、来ないものなんですね、その場でやってしまわないと・・・大いに反省しております。

フランス小話も読んではいるのですが、これ!という面白いものが見つからず落ち込んでいます。激しすぎたり、下品すぎたり、面白くなかったり、分からなかったり・・・今回は、前回ほどパッとはしませんが・・・

(7) -- イギリス  Angleterre  -- 

  あるフランス人旅行者が、ロンドンの有名な霧の中で道に迷ってしまった。

  突然、誰かが彼にぶつかってきたので、その人に尋ねてみた。

  - どちら側がテムズ川か、お分かりになりませんよね?

  - もちろん、分かりますよ。川はちょうど、私の後ろにあります。

  - 本当ですか?

  - ええ、そう思いますよ。たった今、そこから出てきたんです・・・

  Un touriste francais s'est perdu dans le fameux brouillard de Londres.  Comme quelqu'un le heurte soudain, il lui demande:

     -   Vous ne savez pas de quel côté est la Tamise?

     -   Certainement. Elle est juste derrière moi!

     -   Vous en êtes sûr?

     -   Je pense bien. J'en sors à l'instant.....

(8) -- 天使 ange --

  天地創造時のこと、神が一人の天使を呼び、シタビラメを示しながら、彼を叱り付けた:

  - お前がしたことを見たまえ!私は、それを(ヒラメを)洗いなさいと言ったのだよ。アイロンをかけろとは言わなかったぞ!

    Pendant la création du monde,  le Bon Dieu appelle un ange et il lui passe un savon:

     -   Regarde ce que tu as fait, lui dit-il en lui montrant une sole.  Je t'avais dit de la laver, mais pas de la repasser!

- Dictionnaire des histoires droles - Livre Poche より

◆その他のフランス小話は、サイドメニューの「カテゴリー」から”フランス小話”を選んでください

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月23日 (木)

フランス小話(2) les histoires drôles(2)

2週間ほど前に観た演劇の感想を書いていたら、いつの間にかまたフランス小話集を手にとって読んでいました。一つ目にはニヤニヤ、二つ目には爆笑してしまったのですが・・・。

(5) -- アダム adam より --

地上の楽園で、イヴがアダムに喧嘩をふっかけた。

「今日は、帰りが遅いじゃないの。誰と一緒にいたの?」

「何を言ってんだよ。」アダムが言い返した。「誰と一緒にいたと、君にうそをつけばいいんだよ?ここには、僕達二人しかいないのに。」

でも、イヴは納得しない。彼女は、夜になりアダムが寝てしまうのを待った。そして、慎重に彼のあばら骨の数を数えた。

(Cojico記:ご存知の方も多いと思いますが、聖書に、神がアダムの寝ている間に彼のあばら骨一本を取り抜き取り、それから女(イヴ)を造り上げた、と記されていますー創世記2章21、22節)

Au paradis terrestre, Ève fait une scène à Adam.

- Tu es rentré tard ce soir. Avec qui etais-tu?

- Mais enfin, tonnerre! réplique Adam, avec qui veux-tu que je te trompe? Il n'y a que nous deux ici,

- Ève n'est pas convaincue. Elle attend la nuit et quand Adam s'est endormi, eh bien, elle lui compte les côtes du bout des doigts.

(6) -- ドイツ allemagne  より --

二人のドイツ人がパリを訪問していた。彼らはとても気取り屋だったので、イギリス人旅行者だと思ってほしかった。彼らは、シャンゼリーゼ通りのカフェに入り、その一人が頼んだ。

-  Two martinis, please!

-  Dry?   とバーテンが尋ねた。

すると、もう一人のドイツ人が

- Nein! Zwei!    ((ドイツ語で) いいえ!2つ!)

(Cojico記:”ドライ”という音は、ドイツ語ではdrei 、”3”を表します。西ヨーロッパでは、”ドイツ人は田舎者”と思われていました。今ではこういう思い込みもも少なくなっていると思いますが・・・)

Deux Allemands visitent Paris. Mais comme ils sont très snob, ils veulent passer pour des touristes anglais. Ils entrent dans une brasserie des Champs-Élysées et le premier demande:

- Two martinis, please!

- Dry?  fait le barman.

Alors l'autre Allemand:

- Nein! Zwei! 

( Dictionnaire des histoires droles - Livre Poche より)

◆その他のフランス小話は、サイドメニューの「カテゴリー」から”フランス小話”を選んでください

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年11月19日 (日)

フランス小話(1) les histoires drôles(1)

最近購入した本”Dictionnaire des histoires drôles”より、面白いと思うものをちょっと書きだしてみます。下手な訳ですが、我慢してください。今回は、”赤ちゃん”と”出産”の項目から。

(1) 赤ちゃんの産着を買ってきたばかりの男性が、自宅に帰ってきた、ほんとうに満足そうに・・・。ところが彼は、風呂場で素っ裸の若者が髭を剃っているのを見つけた。そこで彼は奥さんの部屋に入って行き、彼女に言った。

 - 君は”もう少ししたら、3人になるわよ”って言ったよね。その時、もう少し説明してくれるべきだったんじゃないかな・・・

  C’est un monsieur qui vient d’acheter une layette de bèbè et il rentre chez lui, tout content. Et dans sa salle de bains, il trouve un gars tout nu en train de se raser. Alors il entre dans la chambre de sa femme et il lui dit:

- Quand tu m’as dit qu’on allait être trois, t’aurais quand même dû m’expliquer...

   

(2) あるご婦人が甘味処に入って来て、5フラン(100円)硬貨1つ差し出して言った。

 - チョコレートでできた赤ちゃんをください!

 - はい、わかりました。男の子がいいですか、それとも、女の子がいいですか?

 - う~ん、男の子!

 - それでは、5フラン50サンチームです。

Une dame entre dans une confiserie, elle tend une pièce de cinq francs et elle dit:

- Je voudrais un bébé en chocolat!

- Certainement, dit la Vendeuse. Vous voulez un gracon ou une fille?

- Euh…Un garcon!

-   Alors, C’est cinq francs cinquante....

 

 

(3) 男の子が妹とおしゃべりしている。

  - 君は、赤ちゃんがどういう風に来るか知ってる?

  - 知らない、お兄ちゃんは?

  - 僕も知らないよ。でも、君はいつか分かるときが来るだろうね。 

  - えっ?どうして?

  -  だって、きっと僕は、廊下でうろうろしているだろうからさ・・・

  

Un môme discute avec sa soeur:

  -  Tu sais comment ca vient, les enfants?

  -  Non. Et toi?

  -  Non plus. Mais toi, un jour tu pourras te rendre compte, tandis que moi, jamais!

  -  Ah! Et pourquoi?

  -  Parce que je me promènerai dans le couloir.....

 

(4)二人の男が、産院の待合室で行ったり来たりしている。 一人の男が、もう一人の人に言った。

- まったく、タイミングが悪いよ!これで、僕のバカンスがパーだよ。

すると、相手の人が返事した。

- 僕なんか、もっとひどいよ。ちょうど新婚旅行中にこうなっちゃったんだから!

 

Deux hommes font les cent pas dans la salle d'attente d'une maternité. Le premier dit a l'autre:

-  Ca tombe mal! Ca me fout mes vacances en l'air!

Et l'autre repond:

-  Moi, c'est pire! Ca arrive juste pendant le voyage de noces!

( Dictionnaire des histoires droles - Livre Poche より)

◆その他のフランス小話は、サイドメニューの「カテゴリー」から”フランス小話”を選んでください

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|