« レイレ修道院の教会内部 | トップページ

2017年8月10日 (木)

オビエドのプレロマネスク Santa Maria de Naranco サンタ・マリア・デ・ナランコ教会

櫻井氏の本「スペインのロマネスク教会」は、彼の「フランスのロマネスク教会」よりも私には魅力的に見える。スペインにはあまり見慣れていない形の教会が多いからだろうか?その本の中で、レイレ修道院以外でもう一つどうしても見たいと思った教会があった。それは、オビエドにあるサンタ・マリア・デ・ナランコという教会。

その本では、普通は見開きの2ページに1つの教会の平面図や説明、写真が掲載されている。ところが、ナランコの教会については、3ページが費やされていた。小さな直方体の建物で、とても教会には見えない。外側にハの字につけられている2階への入り口階段がなんとも素敵だ。さらに、内部の控えめな装飾が非常にエレガントに思えた。

訪れたのは2015年の5月の連休。レオンでは晴れていたが曇り空になり、越えるべきカンタブリア山脈に近づくにつれどんどん黒い雲が増え、とうとう雨になっってしまった。この山脈は日本では見られなような様相をしている。横に300キロ程続いているのだが、その上部には、岩のような絶壁が連なっており、一見すると屏風のように見えるのだ。

Naranco1
Naranco2
Naranco3
白いのは雨粒。山の上の方は、このようなごつごつした岩が続いている。屏風のような岩の下にあるトンネルを過ぎると、山越えをしたことになる。そして驚いた。カンタブリア山脈の南と様子が全く異なるのだ。どう表現していいのかわからないが、なんだか違う国に来たような気がした。荒涼感たっぷりのごつごつ感はなくなり、水分たっぷりのみずみずしい緑の山々が続いている。空はどんどん真っ青な青になって行った。

Naranco7
オビエドの街に入った。これまたびっくり。近代建築物が並んでいる。古い建築物が立ち並ぶスペインの街並みにはとても見えない。後で旧市街も訪れたが、それはほんの一角で、ほとんどが中世を感じさせないような建物だった。高い山を越えると、こんなに気候も文化も異なるのかと驚いた。
Naranco6
レオンLeonから車で北へ2時間弱に位置するオビエドOviedo。街中から北西方向の山の中にその教会はあった。何度か道に迷った。住宅地を通っていかなければならないのが、なんとなく不思議な感覚だった。教会の前の道が駐車禁止だと気が付いたが、周りに駐車場がないので、近くの倉庫のような建物の前に車を止めた。ちょっと気が引けたが、教会の前にも赤い車が止まっていたので、大丈夫かなと思いながら。

Naranco5
空は真っ青、緑の絨毯。オビエドOviedoの世界遺産サンタ・マリア・デ・ナランコはこんな気持ちの良い場所にあったのかー。9世紀に建造された元国王ラミーロ1世の夏の離宮、プレロマネスクの建物だ。12世紀になって教会となったらしい。じつはこの少し先に、サン・ミゲルという小さな教会(次回、少し写真をアップします)があるのだが、確か説明によると水に流されて教会の建物の半分が消失したという。池田先生の本によると、そのせいでこの建物が教会になったのではないかと推測されていた。あの時、教会のガイドさんがそう話されたのかもしれないが、私にはわからなかった。優雅な雰囲気を醸し出している。近くによって、建物を一周してみよう。

Naranco8
近くによると、なんとも教会にふさわしくない、がやがやと騒がしい声が聞こえてきた。元気で楽しそうな高校生の一団だった。手前の赤い服の男性はどうもその関係者らしかった。建物を回りながら、いつものようにチケット売り場を探す。

Naranco9
南側。現地で購入したスペイン語の解説本を読むと、この建物には、入り口が2か所あったが、いつからか北側の1つだけになったそうだ。この南側の中央はその失った入り口の痕跡だろうか?

Naranco16
南西からの写真。東西にあるテラスは、同じ形状をしていて、全くの左右対称だ。この建物を2階建になっていて、後になってわかったのだが、この西側のテラスの階下が小さな事務所兼受付場所になっていた。この扉はいつもは閉ざされている為わからなかった。建物の向こうに、高校生達がサン・ミゲル教会へと歩いて行っている。

Naranco11
これは、北側の写真。高校生たちが出て行った後に撮った。美しいフォーム、なんとエレガントなのだろう。普通教会のファサードなどに感じられる威厳さなどが見られず、楚々とそこにいらっしゃる、という感じ。教会の入り口は、この階段を上った所にある。2方向から登る階段、とても教会のものとは思えないが、ゴシック時代にこのように改築されたと書かれていた。

Naranco12
これは東側に置かれている祭壇。こんな場所に置かれているなんて、とても信じられない。

Naranco19
このアーチの周囲を見てほしい。線状の模様が施されている。そして、縦方向の柱のような箇所にも浅い線状の模様が走っている。これが何とも言えず、優しい雰囲気を醸し出している。サン・ミゲル教会にも同様な模様が施されていた。

Naranco14

Naranco18
アーチの周囲にも外側にも施されているこの線状の模様が、この建物全体の統一感を生み出し、控えめなエレガンさと和むような素朴な味わいを出している。

Naranco15
なんといってもこの入り口の階段のあたりがいい。左下の女性のように、下に少し座れる場所がある。私たちもチケットを購入した後で、この辺りで座って待っていた。昔はここでどのような人々が何を語り合っていたのだろうか?アストゥリアはイスラムに占拠されなかった。レオンから北西はキリスト教徒であり続けることができたのだ。

(長くなったので、内部の装飾については、次回にします。)

|
|

« レイレ修道院の教会内部 | トップページ

スペイン&スペイン語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204923/61700689

この記事へのトラックバック一覧です: オビエドのプレロマネスク Santa Maria de Naranco サンタ・マリア・デ・ナランコ教会:

« レイレ修道院の教会内部 | トップページ