« 2012年10月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の3件の記事

2014年7月23日 (水)

トルメスのラサリージョ Lazarillo de Tormes

日本語英語共に嫌いな理数系人間だったにも関わらず、フランス語をきっかけに言語の面白さを知り、過去にラテン語、イタリア語を習いましたが、残念ながら2度の手術入院によりそれらを中断してからは、フランス語以外は習っていませんでした。

ところが、辺鄙な場所にあるスペインのロマネスク教会や修道院をレンタカーで回るために(すでに2度行きましたが、後3回ほど行きたい)、昨年から本格的にスペイン語を始めてしまいました。今まで言語学習のために、どれだけ費用をかけてきたのかと思うと気も重いのですが、まあ、人生も1度しかないと思うと、したいことをするのも良し!というところでしょうか。最近スペイン語の文章形態にも慣れてきて、すぐにでも新聞も読みたいと思うのですが、やはり単語不足、経験不足、勉強不足!フランス語のようにはいきません。現在、B1レベルに入ったばかりなので、仕方ありません。

Pena1
     (ペーニャ修道院、この有名な柱頭を見るために車を走らせました。)

この奇妙なタイトル「トルメスのラサリージョ Lazarillo de Tormes」は、初めてスペイン語で最後まで読んだ、私にとって記念すべき本の題名なのです。16世紀という時代に無名の作家によって書かれた貴重な本でして、先生であるPedroお勧めであり、また、スペインの小学校では必ずみんなが読むことになる大事な本なのだそうです。

Lazarillodetormes1

主人公の男の子の名前はラサロ、トルメスという名の川の傍で生まれたので、”トルメスのラサロ”となるところですが、まだ小さい子供なので、小接尾語であるーilloをつけて、”トルメスのラサリージョ”という題名になっています。

内容は、貧しい家庭に生まれた男の子が、小さいころから親から離れて様々なご主人に仕え、生き延びるために辛苦をなめるような経験し、さらに見たくもない大人の悪を見せられ、厳しい生活の中で生きる道を見つけていくという話です。

ここまで書くと、まるで日本版「おしん」のように聞こえますが、内容は全く異なります。日本のおしんは、清く正しく生きていくのですが、スペインのラサロは、仕えたほとんどの主人が当然のことのように行う”うそをつく、人をだます”などの行動パターンをまね、それを武器として、悪知恵働かせて生き延びていくのです。そうしなければ、厳しい中世という時代の中、食べ物も得られず、死んでしまうからなのです。

Pedro曰く、現在のスペインでも”生活が苦しくて、生き延びるための嘘や騙す行為は容認される”という認識が、広く一般に常識として考えられているのだそうです。

私は、こういう話を聞けることが楽しくて仕方ありません。スペイン人の考え方のほんの一部分にしかすぎないけれど、日本人としては思いつかない外国人の考えを知ることができるのは、外国語を習っているからこそ得られる楽しみだと思っています。これからも、もっともっと多面にわたっていろいろなことを知りたいと思う。しかしその前に、私がもっと勉強し、スペイン作家の本を読んだり、しっかり話せるようになるなどして、その国の文化にもっと歩み寄らなければ、あまり見聞きできないような情報は得られないのでしょう。いつまで続くかな?このスペイン語の勉強、興味はあるのですが、少々不安でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月 5日 (土)

コソボのビザンチン2 プリズレンの生神女教会

コソボは、2008年にセルビアから独立したイスラム教徒の小さな国。首都であるプリシュティナから車で2時間も走れば、国外に出てしまう程。独立したものの、産業といえるものはほとんどなく、失業者は50%を超え、海外で働いている人の送金と、他国の援助によって支えられているとか。

コソボとしての文化的遺産はほとんどなく、南部のプリズレンが古都として美しさを残しているものの、世界遺産に指定されているのは、すべてセルビア正教の修道院ばかり。つまり、イスラム教徒の国に、セルビア正教の修道院が点在していることになり、やはり破壊の対象となるわけです。現在でも、コソボ西部にある世界遺産のデチャニ修道院やペーチ総主教座聖堂は、国連のイタリア軍に守られており、また今回アップするプリズレンの教会は残念ながら、破壊されてしまったのです。

美しい観光都市プリズレン。川の両側に町は広がり、遠くに城壁が見え、素敵なレストランが並んでいました。

Priz10

しかしほんの10年ほど年前にこの町で、旧市街にある”リェヴィシャの生神女教会”は放火され、フレスコ画は大損害を受けたのです。それも仕方ありません。長い長い歴史の中で、コソボあたりに住むアルバニア系の人たちは、セルビアから屈辱的、差別的生活を強いられていたのですから・・・。

残念ながら、内部は見学不可能状態が続いておりまして、周囲は網や有刺鉄線が張り巡らされているため、外観しか見られません。側面の写真は、細い横道に入ったところから他人の庭のようなところから塀越しに撮りました。曇り空だったので、暗い写真しかありません。午後はカラッと晴れたのですが。

Priz4_2


Priz3

Priz1

Priz8


積み上げられたレンガの模様は細やかな変化があり、丁寧に建設されたことがわかりますね。小塔あたりを見上げても、側道から見る側面も、ほんとうに凝っていて繊細で美しくできています。

下の写真は、正面のエントランスの網目越しに撮ったもの。キリストの顔が見えます。窓や正面入り口の暗い中をよ~く見ると、描かれている壁画が見られました。早く内部も見られるようになるといいのですが、内部を修復しているような気配は感じられませんでした。

Priz7

11世紀に建設された教会を、14世紀初頭に増築。フレスコ画は、その頃描かれたそうですが、オスマントルコ時代に、当然のことのように傷をつけられ、その上に漆喰を塗られ、20世紀半ばにフレスコ画が発見されたのもつかの間、内乱開始後、ドイツ軍がこの教会を守っていたにも関わらず、またもやセルビア人の攻撃に対する復讐のようにアルバニア人たちによって破壊されたのです。

危機遺産に指定されている教会。修復するには、費用とともに周囲の理解が必要だと思いますが、それも難しそうです。まさに典型的な危機遺産の一つですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月 4日 (金)

コソボのビザンチン1 グラチャニツァ修道院

久しぶりに、ほんとに久しぶりに、記事を書くことにします。

ポーランドの話も続けたいとは思いつつ、先月、以前から興味のあったビザンチンの修道院をみるツアーに参加したもので、それを少し書いてみたいと思います。添乗員付きのグループで移動するツアーというのは、ほんとうに嫌なのですが、今回訪れた国はコソボとセルビアでして、とても個人では回れそうにないし、めったに出ないツアーということで参加してきました。内容はとても良かったです。

実は、国内のお寺廻りも積極的にしており、海外においては、スペインも含め他にもたくさん教会や修道院を回っているのですが、毎日のするべきことをしていると、この画面に向かう時間がなくなっているのです。何時の間に、時計がこんなに早く動くようになってしまったのでしょう?そして、いつの間に、一日の時間が短くなってしまったのでしょう??そして、いつの間に、私自身が疲れやすくなってしまったのでしょう・・・?

今日は、コソボの世界遺産の一つ、グラチャニツァ修道院。コソボの首都プリシュティナ近郊にある女子修道院です。(内部の写真は取れないので、外観のみとなります。)

まずは、表の塀から。遠くの赤い車の右あたりが入り口です。

Gracha7

ちょっと格好いい写真を撮ろうとしたら、バラにピントが合ってしまって(下方にあったバラをカットしました)、修道院がぼけてしまいました。片手で屈みもせずに撮ったもので・・・。

Graca2
左側が西側、つまり正面です。西側前半が後に付け加えられたナルテックスです。奥の身廊だけでは狭かったのかもしれません。このナルテックスにも身廊にも、フレスコ画が一面に描かれています。
Gracha1
これは、後ろ(東側)から。アプシスの後ろって、ふつう丸くなっているものですが、直線ですね。でも、バランスが良くてきれい。
Graca4

Graca3

西側のロマネスク教会とは全然異なる外観で、興奮しました。美しい!!塔の部分の煉瓦の重ね方、置き方が美しいです。

フランスにおけるゴシック様式の教会建築も終わりを告げようかという時期(14世紀初)、当時のセルビア王国のミルティン王によって建てられた修道院です。内部の壁一面に描かれたビザンチン様式のフレスコ画は、西洋諸国が求めた絵画様式とはまったく別の道を歩んでいました。様々なことを知る以前は、変だなあと思っていたビザンチンの絵画も、今では、西洋絵画の方が異様に美しく見せようとする意図があるように思えてグロテスクに感じ、むしろ、ビザンチンの絵画から人々の思いの素朴さを感じられるようになり、好きになってしまいました。(変な日本語、でも直さずにアップします。今苦しみながら友人たちと読んでいるルソーの文のように、思いを素直に書くと、このようになるのかしら。ちょっと面白いです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年10月 | トップページ | 2014年8月 »