« ジェームス・アンソール展ー写実と幻想の系譜ー損保ジャパン | トップページ | ポーランド:マウォポルスカ地方の木造教会群① »

2012年10月18日 (木)

ケルンのロマネスク カピトール丘の聖母マリア教会(St. Maria im Kapitol)

朝早く着いたカピトール丘の聖母マリア教会は、礼拝か何かの葬儀のために入れませんでした。時間がないので終わるまで待つことはできず、内部を少し覗き込んだ以外は、回廊を回っただけで終わりました。旅は諦めも肝心。よくあることです、門の目の前にいながら、入れないことは。

Kapitol05

ミシュランによりますと、この教会は、ローマ時代カピトール丘寺院(西暦50年頃)の土台の上に建てられた後期オットー朝時代の建築(1065年)で、その3つの半円形後陣のある内陣Dreikonchenchor(三つ葉形内陣Kleeblattchor)は、ケルン最古だそうです。さらに、内陣のほぼ全域にわたって地下聖堂が掘られており、これは、シュパイアーのドームの地下聖堂に続いて、ドイツ最大のものだとか。う~ん、つくづく残念。

Kapitol08
かわいいとても気持ちの良い回廊でした。この手前の通路を行き、その先の階段を登ると、教会に入れます。後方からこっそり撮った写真です。

Kapitol01

フランス語で書かれた小さな紙によりますと、690年頃、中ピピン(ピピン2世)の宮宰の妻が、ローマ時代の寺院の跡地にマリアに捧げられる教会の建設を命じ、作られたのだそうですが、それは、ローマ時代の神に対してキリスト教の神が勝利したことを意味するのだとか。

Kapitol14さらに300年後、イーダという女性の大修道院長が、当時のオットー朝の皇帝の家庭に出入りするようになり、そこでこの地にベネディクト派の素晴らしい修道院の建設を願い出ました。彼女は、建物の大きさだけでなく、価値をも高めようと、皇帝のお城の礼拝堂を思い出させるような礼拝堂を教会内に作り、さらに、平面図をベツレヘムの聖誕教会に似せて作らせたのだそうです。左は、1665年の絵。

ところで、三つ葉形の内陣というのは、ケルン独特のものらしいのですが、内からも外からも見ていないので、そのようなのか実感がわきません。おまけにこの教会は、アパートの建物に囲まれているので、どのように動けば、アプシス側から見られるのかわかりませんでした。もし見られるとすれば、このようなものだそうです。

Kapitol13
とてもきれいですねえ。見たかったなあ。でもここも、回廊に展示されていた写真を見ますと、完全に破壊されていました。跡形もなくといった感じです。よくここまで再現したものですね。ケルンのロマネスクの本から、平面図と側面図をアップしておきます。さらに、私のとった回廊と柱頭の写真を。
Kapitol11



Kapitol12_2

Kapitol07

Kapitol06

訪れた日はフランクフルト到着後3日目の朝でした。予定では、その日はケルン大聖堂近くにあるヴァルラフ=リヒャルツ博物館(Wallraf-Richartz-Museum)を見た後、アーヘンへ行き、時間があればコルネーリミュンスターとブリュールのアウグストゥスブルグ城館を見、マリア・ラーハ近くに予約したホテルに着くはずでした。今考えれば、とても無理な話。

前日のゲーレオン教会の美しさに魅せられた私は、予定を変更。まず地下鉄で他の2つのケルンのロマネスク教会を見た後、また大聖堂近くに戻り(車を置いているホテルが近かったので)、とても外せない中世ケルンの板絵の膨大なコレクションを持つヴァルラフ=リヒャルツ博物館を見学し、そしてアーヘンへ行くことに決定、それ以外はすべてを諦めることにしたのです。私が計画する旅行は、いつも内容が盛り沢山すぎるのがよくないところです。


大きな地図で見る

|
|

« ジェームス・アンソール展ー写実と幻想の系譜ー損保ジャパン | トップページ | ポーランド:マウォポルスカ地方の木造教会群① »

ドイツ Allemagne」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。久しぶりに更新されていて何よりです。
カピトールのザンクト・マリア教会は(大聖堂よりも)ケルンで最もみたかった聖堂です。
三つ葉はケルン近郊に多いのですが、ミュスタイルにもあってびっくりしました。

少し前にblogでこの教会の三つ葉の見方を書きました(上のリンクです)。

投稿: Pirvs Lvdens | 2012年10月24日 (水) 21時29分

Pirvsさん、

ご無沙汰していてすみません、ほんとにお久しぶりです!こうやってコメントいただけるとは、うれしい限りです。
このブログも常に気にはなっていたのですが、なんだか書けずにいました。書くということは、意志が必要ですね!

この教会も、時間があればもっとじっくり見られたのに、私の過密スケジュールのせいで見られず、本当に残念です。それと、ケルンの勉強不足も原因の一つでした。

実はこの夏、面白いところへ行ってきたんですよ!まだ、記事をかいていないのですが、そのうちにアップします。その他にもいろいろ書きたいのがあるのですが、(そんな年齢でもないのに?)少し目を悪くした私には、少々きつい作業になってしまいました。

三つ葉の見方・・・ありがとうございます!これから勉強させていただきます。

投稿: Cojico | 2012年10月24日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204923/55894782

この記事へのトラックバック一覧です: ケルンのロマネスク カピトール丘の聖母マリア教会(St. Maria im Kapitol):

« ジェームス・アンソール展ー写実と幻想の系譜ー損保ジャパン | トップページ | ポーランド:マウォポルスカ地方の木造教会群① »