« ケルンのロマネスク カピトール丘の聖母マリア教会(St. Maria im Kapitol) | トップページ | コソボのビザンチン1 グラチャニツァ修道院 »

2012年10月28日 (日)

ポーランド:マウォポルスカ地方の木造教会群①

Kracmaria2この夏(2012年)は、アエロフロートでモスクワ経由、ポーランドのワルシャワ3泊とクラコフ3泊の8日間を旅をしてきました。主人と二人だけの旅とあって、ドキドキすること(クラコフへの列車の車両がわからず(車両番号がばらばらな上に、列車の進行方向を間違えてしまった為)、プラットホームで焦る!など)もありましたが、まあ、なんのトラブルもなく帰国することができました。

(右は、クラコフのメイン、聖マリア教会。内部は、次の写真のように、信じられないくらい豪華!奥に小さく見える木造彫刻の祭壇(近くによると、とても大きい)は、国宝。)

興味深い訪問箇所はたくさんあり、それぞれに思い入れはあるのですが、その中でもなんといっても一番は、クラコフでレンタカーを借り、その車でヴィエリチカ岩塩坑やアウシュヴィッツへ行き、次の日には、朝早く出て、南東へ3時間ほど行ったところにある、小さな木造の教会を回り、さらにカルヴァリア・ゼブジドフスカへ訪れたことです。

(ここで、聖マリア教会の写真をアップしたのは、次の素朴な木造教会との違いを強調したい為なのですが・・・余計なことかな?でもいつか、この教会についても書いてみたい。)

Kracmaria1
クラコフから南東部に広がる山岳地帯は、小ポーランド(マウォポルスカ)地方と呼ばれ、木造の築100年以上の木造教会が232も点在しているのだそうです。そのうちカトリックと東方正教の木造教会は162(内39件が東方正教に属する)あり、価値の高い6つのカトリック教会が2003年世界遺産に登録されているのだそうです。

Map1_0001
(この地図は、左上の方向にクラコフがあります。右端真ん中より少し下に世界遺産の教会Binarowej、さらに下(南)にSekowejが見えます。クリックすると拡大します。)

レンタカーは、マニュアルでカーナビは無し。その地方の詳細地図を苦労してみつけ、主人の運転に私が横で地図を見ながら、”次の交差点で右!、次、左!”などと指示しながら、まあ、どうにか世界遺産の3つの教会を含む合計6個を見て回ることができました。クラコフで、さらにもう1日あれば、残り3個の世界遺産の教会も回れたのに・・・残念ながら主人の仕事の関係で、これ以上休みは取れません。

まずは、これらの世界遺産の教会へ行く途中にあった教会から。クラコフから東に3時間弱。メインの車専用道路から外れ、なだらかな山道を通っていた時、主人が、「あそこに立派な教会が見えるよ。止まってみる?」「うん!」と車を降りたところ、その教会から少し離れた芝生の上に、なんとかわいい木造の教会が見えたのです!「うわーっ!かわいい!」

Siem2

これは、Siemiechowという村の教会。近くには、近代的な大きな教会が建てられていて、この木造教会は、閉ざされたままでした。

Siem3

Siem1
そうかそうか、こうやって教会を見つけていくのね、とその時、この地域の木造教会を見つけるコツがわかったような気がしました。新しい土地というのは、こういう経験を経て慣れていき、もう大丈夫と思った頃、旅は終わるものなのですよね。右の写真は、この教会の後ろ側でみつけたガーゴイル。

二つ目は、Gromnikという村の教会でした。塔の先端の玉ねぎ型が、ちょっとロシア風。この村も、同じ敷地内に、モダンな立派な教会が建てられていました。

Gromnik2

Gromnik4

Gromnik3_2

3つ目は、Roznowiceという村。世界遺産ということで予算が入ったのか、最近修復したような新しい木肌の教会でしたが、なんといっても階段状の塔がいいですね。

Rozno3

Rozno1_2

それにしても、少し離れているだけで、こんなにも外観の異なる教会があるなんて、不思議。この辺りは昔、ほんとの山奥で、建築物の材料としては、日本のように木々しかなかったのでしょうね。石の教会と木の教会とでは、印象がこんなにも違うのかと、自分でも驚いてしまったほどです。民衆に根付いた信仰の深さ、素朴さを感じます。

次回は、内部が見事な壁画で覆われているビナロヴァの大天使ミカエル教会を紹介します。

|
|

« ケルンのロマネスク カピトール丘の聖母マリア教会(St. Maria im Kapitol) | トップページ | コソボのビザンチン1 グラチャニツァ修道院 »

東ヨーロッパ Europe orientale」カテゴリの記事

コメント

cojico様

お久しぶりです!

これまでの素晴らしいシリーズを本にして頂ければ
嬉しいです。

子供らや同級生に配りたいと思います、ご検討ください。

投稿: サン シーロ | 2013年1月28日 (月) 18時37分

サン シーロさん

ほんと、お久しぶりです!そして、うれしいお言葉、感謝感謝です。

この頃、全然ブログが進まなくて、すみません。

書きたい事は、山のようにあるのですが、時間がうまく使えません。

実は最近、昔書いた箇所を読んでみました。書くのが楽しくて、夢中で書いていた頃を思い出し、懐かしくもありましたが、それよりも書いた量の多さに驚きました。

本ですか・・・また一段と高いハードルがありそうですね。
今のところ、将来の夢としておきたい所です・・・

投稿: Cojico | 2013年1月29日 (火) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204923/55977390

この記事へのトラックバック一覧です: ポーランド:マウォポルスカ地方の木造教会群①:

« ケルンのロマネスク カピトール丘の聖母マリア教会(St. Maria im Kapitol) | トップページ | コソボのビザンチン1 グラチャニツァ修道院 »