« 訪問海外一覧 la liste des villes que j'ai visitées | トップページ | ケルンのロマネスク 聖ゲーレオン教会(St.Gereon) »

2011年6月22日 (水)

ケルンのロマネスク 聖ウルズラ教会 St. Ursula

Ursu3old ケルン市内に12ものロマネスク教会があるのを知ったのは、今回(2011年5月連休)の旅行の行程を決め、ホテルもすべて予約した後でした。ほんとに、知らなかった・・・こんな素敵な教会があったとは・・・

ケルンへは以前、パリからタリスに乗って行ったことがあるので、1泊で十分と思ったのだけれど、全くの誤りでした、もう1泊したかったなあ・・・。今更言っても始まらない。そのうちの4つだけでも訪問できて良かった事にしよう!

さてまずは、大聖堂に一番近い、聖ウルズラ教会(St. Ursula)。大聖堂から徒歩20分ぐらい北西に位置する教会で、大通りを渡るとすぐに見えてきます。右上の画像は、16世紀の聖ウルズラ教会周辺。教会の右側に見える城壁には、現在、鉄道が通っています。右下の方向にケルン中央駅があります。次の写真は、南東からのもの。

Ursula8

次のは、西正面。午後4時頃という、西側を撮るにはベストの時間に撮りました。フランスではあまり見かけない教会の外観に、胸ワクワクでした。それにしても、5月上旬の空は綺麗ですね。

Ursula2

ここは、聖ウルズラに捧げられた教会。5世紀、英国の王女であったウルズラは、10人(伝説では1万1千人)の処女と共にフン族によって殺されたのだそうです。だからなのか、至る所に若く美しい女性の胸像が設置されていました。それにしても、聖ウルズラって、誰なんでしょう?

Ursula5

初めて聞く名前だったので、”黄金伝説”を探してみましたら、ありました!”聖ウルスラ”という、濁音なしの名前が通例になっているようです。平凡社ライブラリーの黄金伝説を4冊とも買っていて、よかったー!と久しぶりに思えた一瞬でした。さらに分かったことは、なんとあのヴェネチア派のカルパッチョが、聖ウルスラ伝説をシリーズで描いていたのです。次回、ブリタニアの王女聖ウルスラが、どうしてケルンで1万1千人の乙女と殉教することになったのか、そのお話とカルパッチョの画像をアップしますね。

さてこれが、その美しい聖女ウルスラです。

Ursula9

Ursula1 ロマネスクとはいえ、壁などがあまりにも白いので、今までの画像を見てがっかりされた方もいらっしゃるでしょう・・・仕方ないのです。第2次世界大戦で、ケルンの教会はほとんどが壊滅状態になったのですから・・・。元の姿を蘇らせようと、戦後数年後から大規模修復を開始したのです。しかし、その外観は、以前の姿と同じように見えるよう、考慮されているのです。

歴史的には、現在ゴシック様式の内陣に置かれていた5世紀のローマ時代の墓碑(現在、ローマ・ゲルマン博物館が所蔵)から、この場所は、かつてローマ時代の殉教者の墓地であったことが分かったそうです。866年、フランク族の大司教Guntherが新しい教会を建てたもの、881〜2年のノルマンの侵入、さらには、マジャール人の侵入によって破壊されるのです。922年、大司教Hermann de Bliesgauは、後陣と聖遺物箱を加えて、再建へ。

Ursula3

この上の写真は、入り口側を撮ったもの。ドイツの教会に特徴的なのは、このように教会入口上部が必ず2階建てになっていること。ここは、皇帝のような権力者が参列する場だったそうです。現在はよく、パイプオルガンが置かれていますね。それにしても、丸いアーチが美しいです。

Ursula11

Ursuplan 3つの側廊を持つという新しいバジリカ様式が建設されるようになり、12世紀中ごろ、一番右側がつまり南に側廊が増築され、右のような平面になりました。その後南側の側廊だけ、15世紀中頃ゴシックに変えられたそうです。右側の壁は、このようになっていました。

Ursula4

さて、問題の《金の小部屋 Goldene Kammer》は、入り口右側にありました。1643年に設けられたこの部屋は、その4面の壁に、14世紀から17世紀の聖遺物胸像が120体もあるのだそうです。実は、これが一番見たかったものでしたが、足を踏み入れた途端、ちょっと後退りしてしまう程の部屋の狭さと骨の多さでして、あまり気持ち良いものではありませんでした。

丁度、年配の管理人の方が、3人のドイツ人に一生懸命に説明していたところでして、タイミングが悪かったみたいでした。英語で尋ねたのですが、相手は英語があまり分からなかったようで、こちらもドイツ語が分からないので、仕方ないですね。でも、しっかり彼から小冊子を購入しました。

Ursula7

おわかりでしょうか?上部の模様も、全て人骨!。4面ともこのようなので、もう圧巻!どこに身を置いていいのかも分からなかったです!ローマに骸骨寺というのがありまして、そこではシャンデリアに人骨が使われていたので、ギョッとしたことがありましたが、ここでは全くそれ以上です。ヨーロッパ人の感覚が全然わかりません・・・

Ursula6

このように美しい胸像の中にも、ちゃんと頭蓋骨が入っていました。実は私達、こういう骨ばかりの教会を、ポルトガルでも見たことがあります。記憶は薄れているのですが、その教会は、ここよりもう~んと広くて、現在でも一般の人々の骨を集めていて、確か教会入り口に、”貴方の骨をお迎えします”、というようなことを書いていたように思うのですが・・・また、ポルトガルの事を書くときに、整理したいと思います。(何時の事になるやら・・・)

|
|

« 訪問海外一覧 la liste des villes que j'ai visitées | トップページ | ケルンのロマネスク 聖ゲーレオン教会(St.Gereon) »

ドイツ Allemagne」カテゴリの記事

コメント

1日で全部の教会を見ようと思って朝早くに出たのですが、途中でチョコレート博物館(リースキルヒェンの横)に寄ったため、この教会だけ行けませんでした。

知人のドイツ・ロマネスクの専門家は1日で全部まわったそうです。

投稿: Pirvs Lvdens | 2011年7月16日 (土) 14時36分

Pirvsさん

すみません、遅くなりました。連休を利用して3日間、奈良へ行っていました。炎天下での活動はかなり堪えましたが、仏像を拝み、緑に囲まれた静かな小路を歩くのも良かったですよ。でもできるなら、もっと涼しい季節に行きたかった・・・。

さて、はやり、Pirvsさんはもうすでに訪問されていたのですね!それぞれが、とても立派なので驚きました。戦前のままですと、もっともっと味わい深いものがあったでしょうね。

>チョコレート博物館(リースキルヒェンの横)に寄ったため
えっ?そんな博物館があったのですか?!なんだか、私も興味深々です。でも、甘党のPirvsさんらしい行動ですね。

その友人の方も、一日で全部をみるなんて、満足したでしょうねえ。また専門家らしく、いろいろ発見したこともあったでしょう。

ケルンで、”Kolns Romanische Kirchen”という本を買ってきました。ドイツ語なので読めないのですが、写真や教会平面図・断面図を見ているだけでも、面白いです。地下聖堂も結構ありますね。
いつかまたケルンへ行くことがあったら、ぜひとも全部を廻りたいですが、その機会がくるかどうかは疑問です。

投稿: Cojico | 2011年7月20日 (水) 10時38分

はじめてコメントさせていただきます。
聖ウルスラのことを調べていて辿りつきました。

とてもきれいな写真ですね。
ウルスラの顔もやさしいですね。

もしよければ、返信いただけませんか?

投稿: こもちねず | 2011年10月 4日 (火) 16時20分

こもちねずさん、

はじめまして。
聖ウルスラの事を調べていらっしゃるのですか!

私は、この教会を訪れるまで、全然知りませんでした。
カルパッチョの絵をアップします、と書いておきながら、そのままになってしまい、すみません。


日常が少々あわただしいのと、パソコン(VISTAです)が安定せずハングするようになってからは、パソコンから逃げていました。
今でもパソコンを立ち上げるのは、恐る恐るといった感じですし、返事にも少々時間がかかるかもしれませんが、何かあれば、どうぞ連絡をしてください。

投稿: Cojico | 2011年10月 5日 (水) 21時21分

コメントありがとうございます!

この度は一つお願いがありまして、思い切ってコメントを寄せさせていただきました。

先に私の自己紹介を致しますと、日本で47番目に有名な県に、夫と子ども二人と小さな家に住み、とあるイタリア風の美術館で駆け出しのキュレイターをしています。

こちらのブログを拝見した経緯は、私が今月下旬に美術講座で聖ウルスラ伝説を紹介しようと思って、教会の資料を探していましたら、こちらのページに辿りつき、詳細でしかも美しいお写真に見入ってしまったというわけです。
そこでお願いなのですが、こちらにアップされているお写真を講座の中で使わせていただけませんでしょうか?
スライドでご紹介させていただいて、プリントや記録には残しません。

唐突で大変勝手なお願いですが、もしよろしければお返事いただけますと、大変喜びます。

よろしくお願い申し上げます。

投稿: こもちねず | 2011年10月 6日 (木) 23時20分

こもちねずさん

ご事情は、分かりました。
ご利用してくださっても結構です。その際、”ブログのCojicoさんからの提供です。”という旨を伝えていただければ、嬉しいです。

美術館のキュレイターをなさっているのですか!
私も美術は大好きなので、美術展の構成をどうするかなと、非常に興味があります。
イタリア風の美術館なんて、これまた魅力的ですねえ!
信頼でき、興味ある話のできる、素敵なキュレーターになって下さいね。


投稿: Cojico | 2011年10月 7日 (金) 21時24分

ありがとうございます!!

”ブログのCojicoさんからの提供です。”と必ずご紹介させていただきます。

Cojicoさんのブログは、うちの美術館にとって、本当にストライクゾーンです。
日本画中心の美術館なのですが、イタリア・ロマネスクが大好きな作家の個人美術館なので、美術館自体もイタリアの古い田舎の教会を模して造られました。

またお邪魔させてください。

投稿: こもちねず | 2011年10月 9日 (日) 17時02分

こもちねずさま

”イタリア・ロマネスクがお好きな作家さんの、日本画中心の美術館”とは!ほんと私も興味津津です。

そのような素敵な美術館でのお仕事、がんばってください。


投稿: Cojico | 2011年10月12日 (水) 21時49分

Cojoco様

美術講座、無事に終了しました。
ありがとうございました。
ウルスラの表情のやさしさに、うっとりでした。

ご協力心から感謝しています。

素敵なブログ、これからも楽しみにしています。

本当にありがとうございました。

投稿: こもちねず | 2011年11月 4日 (金) 12時21分

こもちねずさま

よかったですねえ!
きっと今は、充実感でいっぱいでしょうね。

ウルスラの横顔、撮っていてよかったー!と改めて思いました。

どうぞこれからも、いろいろ勉強して、一歩一歩進んで行ってください。

私もがんばります。

投稿: Cojico | 2011年11月 4日 (金) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204923/51915339

この記事へのトラックバック一覧です: ケルンのロマネスク 聖ウルズラ教会 St. Ursula:

« 訪問海外一覧 la liste des villes que j'ai visitées | トップページ | ケルンのロマネスク 聖ゲーレオン教会(St.Gereon) »