« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の4件の記事

2010年12月26日 (日)

哲学? 不確かな目の認識能力

スーパーへ買い物に行こうと、マンションのエレベーターを待っていて、ふとある考えに行きついた。

何日か前、”生きていくうえで、これから何をすべきなのだろう?”と書いたけれど、その答として私が欲しいのは、”人のために尽くすべき”とか、”徳をなすべき”とか、などという高尚な事ではなくて、もっと根本的、基本的な事なのだ、という事を。

そしてそれは遺伝子のように、きっと人間としてあるべき基本的なこととして、潜在的に人間に機能としてプログラムされ、基本的に全員が行使できることなのではないか、と思い立った。だって、自分が持っているもの以上の事はできないんだもの、ね。

では、基本的な機能とは何か?自分をよく見てみると・・・まず、手足がある。これは当然、手足をよく動かして、働きなさい、ということだとはわかる。これは、ほんとに基本的な事。私も経験あるのだが、手足を骨折した場合、1か月ほど固定した後ギブスを取った時、その固定していた個所は、すぐには動かない。筋肉が動きを忘れ固まり、衰えてしまっている。張り合いのある人生を歩むには、身体を動かさなければならないことは明らか。

それから、頭。これはちょっと複雑で、もっと先で考えることにしよう。

次に、目。しっかり周りを見なさい、ということはわかる。しかし実際、これが難しい。私はどうも、観念で見てしまっているのだと、1か月ほど前改めて実感した。

Shiodome それは、スウェーデン人で彫塑家のビアンカと一緒に、汐留を歩いていた時のこと。目の前にはいくつかのビル、その間に歩道橋が手前から向こうに伸びていた。人がいなかったせいか、私は幾何学的に美しいと感じていた。ただそれだけの感覚しか持っていなかった。そう、直線的に上に伸びたビルと歩道橋・・・

ビアンカは、そのビルを見上げて、「なんてきれいなの!ほら、この反射!」と言ったのだ!えっ?反射?なんの事?私はなまじっかに「うん」と返事をしながら、もう一度ビルの方へ目を走らせた。わからない。もう一度、しっかり見た。ああ、これか!やっとわかった。平らなガラスの面を持ったビルの壁面に、空と反対側のビルがはっきりと映っていたのだ。確かに透明感があり、美しい。

右が、その時の写真。(その日は快晴で、空は透き通っていた。この写真は何故だか暗くて、明るさが感じられませんね。残念) 私は同じものを見ていながら、何も見ていなかった。頭の中でビルとはこういうもの、と景色を勝手に構築していたのだ。”見る”という単純な行為なのに、こんなにも把握できないとは!そして、見るという単純な行為に、こんなにも思考が左右するのもだとは、考えてもみなかった。心を空っぽにして、先入観を捨てて見なければ、実際の物が見えないのだ!

何も考えないで、あるがままを、初めてみるようにして見る、という行為。なんと簡単で難しいな作業なのだろう!特に私のような、ほんとは何も知らないのに、なんとなく”知ってるつもり”で行動している人に、こういう現象が多くみられるのではないだろうか。

良いことに気がついたな、と思う。”空(くう)”の大事さは、東洋思想でも言われていることではないか!これは、何か物事を判断するときにも、大事な気がする。先入観を持っていると、それにとらわれてしまうのが普通だ。ひょっとして、西洋哲学と東洋思想は、究極的には、手段は全く異なるけれど、生きる知恵として同様の事を伝えているのかもしれないと、ふと思った。

また、基本的な事を考えて行こう。下は、ビアンカと歩いた11月上旬の浜離宮。

Hanarikyu

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年12月25日 (土)

ヴォルテール《哲学辞典》とエラスムスの聖職者批判

Volphilo1 ヴォルテールを読むなんて、エラスムス同様に考えられなかった事だけど、文学の授業や友人達と読んでいるヴォルテールの作品などから興味がわき、この本をアマゾンで頼んでしまった。フランス語を続けていたおかげで、こんなところにまで世界を広げる事ができ、ほんとうに有り難いと思っている。

エラスムスとヴォルテールを交互に読んでいると、皮肉たっぷりに非難している方法とか、現状批判という二人の目指す方向があまりにも似ている(違いは当然あるが)ので、どちらが言っているのかこんがらがってしまう程だった。ヴォルテールもエラスムスを尊敬していた、と私は確信している。二人とも、イギリスに行って初めてその社会の見事さに感心し、目を開かされたという同じ経験をしている。面白い。イギリスって、よく歴史を知らないけれど(受験では世界史を取ったのに)、きっと偉大な国なのね。

200年も差があるのに、二人の批判内容が同じところを見ると、社会の矛盾はあまり変わっていず、やはり、フランス革命は起こるべくして起こったのかもしれないな、とも思う。ヴォルテールは言っている。”やれるなら何事によらずとことんまでやるのが人間であるから、この不平等は極端なものとなった”(《哲学辞典》”平等”)。そう、当時のフランス社会は、”極端”だったのかもしれない。

ところでこの《哲学辞典》は、”ヴォルテール自身の考察”と言いかえてもいいような気がする。”哲学”と書かれていても、恐れるなかれ、モンテーニュがエッセイで試みたのと同じ技法を使っていると考えていい。つまり、思索を集大成したもの。ただし、モンテーニュのような貴族的正当な思索ではなく、どちらかと言うと皮肉・批判も込めた啓蒙的考察と言えるだろう。

エラスムスの批判の仕方も素晴らしかったが、ヴォルテールの皮肉も負けていず、すばらしい。ここに、”神父”についての、二人の書き方を比べてみたい。口調の違いも味わってほしい。

---***---***---

まずは、エラスムスの司教批判部分。《痴愚神礼讃》57章から

Erasme1 王公の好敵手としては、至高の教皇、枢機卿、司教がたがおられますね。甲乙なしどころか、王公連中そこのけという勢いです。でも、そのうちのどなたかが、反省してごらんになったら、こういうことがおわかりになりましょうよ。

つまり、雪を欺く真っ白いその法衣こそ、汚点のない生活の表徴であるし、同じひとつの結び目で繋がっている二つの角のあるミトラ(頭にかぶるもの)こそ、新約と旧約とに対する均等でしかも深遠な知識があることを示しているし、両手を包む手袋は、秘蹟を授けるためにはいっさいの人間生活の穢れから清められておらねばならぬことを示すのだし、その法杖は、託された羊の群れを監視する旨の象徴だし、前に押し立てた十字架は、人間のあらゆる情念に対する勝利を意味するのだということ、などです。

こうしたことや、その他いろいろなことに思いをひそめたら、悲哀と不安との日々を送るはずでありますまいかしら?ところが、現在では全くうまくしたもので、これらの高僧たちは、美衣飽食磨る以外に何も考えません。子羊の群れの世話は、キリストご自身なり、「兄弟(フラテル)」と呼んでいる連中なり、自分達の代理なりに任せきりなのです。自分達の「司教」という称号が勤労と注意と配慮とを意味することは、お忘れになっていますね。 ところが、いざ金儲けという段になると、このご連中も正真正銘の「司教」になる始末。つまり、そういうときには、「目をおさましになる」わけです。

次は、ヴォルテール。《哲学辞典》神父 abbeから

Voltaire1 「どこへお出かけか、神父様、・・・(聖職者の見持ちを皮肉った当時の歌謡の一説。どこへ、お出でか、神父様、蝋燭なしでおでかけとは、目指す御方も見えまいに。娘子と会うんじゃ、おわかりだろう、という歌詞)」。貴方は神父が父親を意味することをごぞんじだろうか。貴方も父親になれば、、国のお役に立つことができるのだ。おそらく男のなしうる最高の勤めを果たせば、貴方から思考する存在がうまれるであろう。そうした行為には神聖な何かがふくまれているのだ。

・・・神父は彼らの精神上の父親であったのだ。だが、時代によって同じ名称がなんと違った事がらを意味することか。精神的神父は他の貧者たちの先頭に立つ貧者であった。ところが貧しい精神的父親達は、200年このかた40万リーブルの年金を受けているのだ。今日ドイツの貧しい精神的父親たちは、一個連隊の護衛をかかえているのである。

貧乏の誓いを立てた貧者が、つまりは支配者なのだ。これはすでに言われてきたことだが、何千回も繰り返すべきであり、許しえないことである。この悪弊は法の訴えるところであり、宗教の憤るところである。着物も食物もほんとうの貧者たちが、神父様の門口で哀訴の叫びをあげているのだ。

だが私は、イタリアやドイツやブランドルやブルゴーニュの神父様たちがこう述べるのを聞いている、何故われわれが財産や名誉を集めてはならないのか、・・・司教たちはそうなっているではないか、・・・彼らのひとり(ローマ教皇)は国王以上にのし上がっている、我々もできるだけ真似をさせてもらいたい、と。

神父様がたよ、貴方たちの言い分はもっともだ。土地を奪うがよい、それは強きものや巧みな者の奪い得である。貴方たちは、無知と迷信と狂乱の時代を利用して我々の遺産を奪い、我々を足下にふみにじり、不幸な人々の糧を私服で肥やしてきた。だが、理性の日の到来におびえたまえ。

---***---***---

どうです?批判視点は、そっくりですよね。宗教改革の前の人エラスムスと、後の人ヴォルテールの書く内容が同じとは、ほんと驚き!!!あんな血なまぐさい争いをしたのに、カトリック内部では大した変革はなされなかったということなのでしょうね。

モンテーニュは、宗教関係については一切触れていない。当然ですよね、争いが一番激しい頃、塔に籠って自分の思索にふけり、エセーを書いたんですもの、もしどちらかを擁護するような事を書けば、命も保障されなかったはず。賢者、危うきに近寄らず、彼はまさしくその道を選んだわけです。

しかも、彼の思索は、なにか社会の対象に対してではなく、人間そのものについてだし、しかも、まず彼はネガティヴな皮肉は書かないのだ。まっすぐに素直に豊かに、自分をそして人間を描きだしている。

エラスムスの皮肉は、素直で心地よい。ヴォルテールは弁論技法に自信を持っているのか文章は明解で、理論をぐいぐい読者に突き付け、圧倒される。時にかなりの棘を持つこともある。読んでいて面白いが、その強さゆえに時に心が重くなることも。

その点、モンテーニュはいいなあ。いつもこころが穏やかになる、ああ、人間ってみんな同じなんだと思える。

たしかに、人間というものは、驚くほど空虚な、多様な、変動する存在だ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月16日 (木)

痛快!エラスムス《痴愚神礼讃》 Erasme "Eloge de la folie"

Erasme1 6月、bunkamuraで開催されていたブリューゲルの見事な版画を見た後の事。図録を買おうかどうしようか迷いながら、売店をうろついていた時、ふと目に入ったのが、このエラスムスの《痴愚神礼讃》。思わず手に取り、自分がエラスムスを読むなんて考えられないなと思いながら、なぜか迷わずこの本を購入してしまい、図録の事はすっかり忘れて売店を出てしまった。

読み始めてびっくり。”彼は知性の塊だ!”と、エラスムスの偉大さはすぐに分かった。ここそこに、彼の膨大な古典知識が溢れている。と同時に、彼のゆるぎない真理への確信と信念がつきぬかれている。

自ら痴愚神と名乗る女神が、次々と人間の愚かな行動を羅列し、それはすべて私、痴愚神のおかげであると述べ、痴愚だからこそ人々は幸せに生きているのだと、逆説的に述べる。

もう、読んでいて痛快でたまらない。身近な庶民の行いに対しては、暖かい笑いを込めた分析や皮肉に感じられるのだが、賢者、哲学者、神学者などは、彼の手(口?筆?)にかかったら、けちょんけちょんにけなされ、後半に至っては、戦争、支配階級、権力者、聖職者へと、その痛烈な皮肉はどんどんと厳しい批判へと変化し、核心へと迫っていく。

496pxholbeinerasmus2 《 皆さんの前で、ちょっとばかり詭弁者のふりをしてみるのも面白いと思ったわけですが、それは、やりきれないほどばかげたことを若い人々に注ぎ込み、女どもより強情張りな口喧嘩のやり方を教え込むご連中をまねようというのではありません。賢人という不名誉な呼び名を逃れるために詭弁者という名前を選んだ古代人達のひそみにならうわけです。あの人々は、熱誠を傾けて、神々や英雄達の賛美を書き綴りました。そこでこの私も、これからひとつ礼讃をお聞かせいたしますが、それはヘラクレスの礼讃でもソロンの礼讃でもありません。私自身の、つまり痴愚女神の礼讃なのです。・・・

・・・私以上に私のありのままの姿を描けるものが他にいるでしょうか?私以上に私を識(し)っている人はだれもおりますまい。

 第一、私が自分で自分を褒めましても、どこかの某と言われる学問のあるおかたや、某と言われる偉いおかたよりも、はるかに謙虚だと思います。こういう方々は、羞恥心が腐っていまして、お世辞の巧い頌詞作者(しょうしさくしゃ)やほら吹き詩人をお抱え料で買収なさり、ご自分にたいする褒め言葉を、つまりまっかな大嘘をお聞きになろうというのですからねえ。こういう恥じずがり屋のご当人のほうで、孔雀のように尾羽根を広げ、鶏冠をおっ立てておられますと、他方では恥知らずなおべっか使いどもが、無能なご主人を神々になぞらえ、音程を二倍にしてあらゆる美徳の完璧な典型はここにあると言って押し出し、烏を借り物の羽根で飾り立て、「黒人のエチオピア人を真っ白にし」(ギリシャの格言から)、「ハエを像だということにしている」(ギリシャの格言から)わけなのです。・・・》

これは、ほんの最初の部分ですが、彼の皮肉の手段がすぐにわかるでしょう。このように皮肉が山のように組み込まれているので、どこをピックアップすればよいのかわからない。

権力者に対しては、力を持っているからこそ、自分の立場、行うべき仕事を認識しなければならないのに、なんと愚かな道を歩んでいることか!と強く繰り返し非難している。自分を知れ!本来の自分のやるべきことを行え!と。

Erasme4 その表現の巧さには、思わず拍手することも度々。修道院に育った彼ならではの、宗教従事者の裏を知り尽くしくしているからこそ、また、それを正しい方向へ自ら自浄してほしいからこそ、書いたはず。しかし、それは叶えられず、後に禁書処分となってしまう。

エラスムスはラテン語で書いているのだけれど、変に読めると理由だけでフランス語で書かれたのが欲しくなってしまい、本屋に頼んでしまった。届いたので少し読んでみたけれど、む、むずかしい・・・後悔。この中公クラシックスの本は、翻訳が素晴らしいから面白いのだと痛感した。

その後、《平和の訴え Plaidoyer pour la paix》という本を読み、エラスムスというまっすぐな人物に益々魅せられた。しかしその時、初めて彼の厳しかった生涯を知り、久しぶりにその夜眠れないほどのショックを受けた。かれの生活環境は、モンテーニュやヴォルテール(牢獄に入ったとはいえ)のような優雅なものではなかったのだ。逆境の中で、ひたむきに学問を続けるエラスムス。胸が痛い。

また続けて、ツヴァイクの《エラスムスの勝利と悲劇》も読んでしまった。う~ん。いつかその感想も書きたいのだけれど、教会もイタリアも気になる。

とにかく、1466年ロッテルダムで生まれ修道院で育ち、必死の思いで勉強し、学問の為にヨーロッパ中を動き回り、一時は世界でトップの知識人と褒め称えられ、その後権力達とたった一人で戦いながら自分の信ずる道を貫き、宗教革命の卵を落としたと言われる一人の偉大な学者エラスムスは、1536年にバーゼルの知人宅で友人に囲まれて亡くなった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月15日 (水)

哲学する、ということなのかな?

Koisikawa1          11月28日、小石川後楽園にて

この秋、親しい友人のお母様が亡くなられた。闘病中、痛み止めのためうつろな時間の流れのなかで、時々意識がはっきりし、”あれ?私、何をしているのかしら?”と、おっしゃっていたという。

友人からこの話を聞いて以来、この言葉が、なぜか頭から離れない。人には皆、そうなのかもしれない、と思う。その気はないのに、まだしたいことはいっぱいあるのに、あれ?と本人の自覚もないまま、死んで行くのかもしれない。

私は一体、今まで何をしてきたのだろう、そして、あと平均寿命の半分以下となった残りの人生を、どういうふうに生きて行けばいいのだろう・・・

私のような普通の人の人生なんて、ほんとに些細なもの。この世に何が出来たかと言えば、将来、世界に役立つであろう人間が私の子孫から生まれるかもしれない遺伝子を、後世に伝えられただけである。そう、一番の功績は、子供を産んだことかもしれない、と思う。たった一人だけれど。

遺伝子は、混ざり混ざって、ある時見事な成果を出す。そういう意味において、すべての人に存在価値がある、と友人から聞いたことがある。それに参加できたことだけは、意識していなかったとはいえ、成果の一つと言えるのかもしれない。

でも、それ以外は?

現在、健康的に問題はあるとはいえ、主人の優しい愛や、友人達の支えによって、私の人生すべてが支えられている。ほんとに幸せだと思っている。しかし、こうやって偶然か神様からか分からないけれど、”生きる”という時間を与えられて、私はいったい、遺伝子を残す以外に、何をしなければいけないのだろう?

こうやって、自分の楽しい経験を積み重ねて行くのもいい。人に尽くすボランティア活動をするのも、もちろん素晴らしい。何かに情熱を傾けて活動し続けることは、精神的充実とか、生きがいという言葉にも繋がるはず。

今が充実していないのではない。あまりにも充実しすぎていて、忙しい。忙しすぎて、少々精神的余裕のない時さえある。満足している。しかし、何かをはっきりさせたい。

私はあまり難しいことは考えられないのだけれど、なぜだか、その”理由づけ”が欲しいような気がするのだ。

これも、今少々かじっているフランス文学の影響かもしれない。詩とかエッセイなどで、しばしば”raison”とか”raisonner”、”jusutifier”という言葉が使われる。”理性(判断力、理知、分別)に基づく理由づけ”とか”行動の正当性”という言葉が飛び交うのだ。難しい・・・

生きている意味 raisonを考えてみたい。これを”哲学する”と言うのかな?とても私には、できそうにない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »