« ボローニャにある聖ドミニコのお墓 サン・ドメニコ教会① Basilica di St. Domenico | トップページ | 2008年に鑑賞した美術展一覧 »

2009年1月 1日 (木)

新年ご挨拶

Photo

新年明けましておめでとうございます。

いつも読んで下さっている皆様、そして検索ルーチンなどでいらしてくださる方々、ご訪問をありがとうございます。

そして、コメントを書いてくださる皆様、温かいお言葉、そして勉強になる内容など、いつも感謝しております。

いつもながらゆっくりとしか更新できませんが、これからもフランスとイタリアの教会の充実を図り、また時々の美術鑑賞記録を書き留めて参りたいと思っております。

この一年もまた、よろしくお願いいたします。

そして、皆様の一年も、すばらしい年でありますように。

(上の写真は、昨日撮りました。)

|
|

« ボローニャにある聖ドミニコのお墓 サン・ドメニコ教会① Basilica di St. Domenico | トップページ | 2008年に鑑賞した美術展一覧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
芦ノ湖から見た富士、キレイですね。
実は秋に箱根の旧道を歩いて印象に残ったのです。
この前の記事(ボローニア)は見過ごしていました。
これからゆっくり読ませて貰います。
私もイタリヤの中世の建築大好きです。教会もいいですが、
都市もやってみたいのです(実は小生政治専攻なので
多少政治じみたものにも興味があるのです)。ニュースの
現場で政治を沢山見て来て、今はそれを離れて静かなもの
に惹かれます。

投稿: yoku | 2009年1月 1日 (木) 16時38分

yokuさん
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
うわっ!ご専門が”政治”ですか?!複雑そうですねえ。
国際情勢は、日々刻々と変化するので忙しかったでしょうね。特に20世紀最後は、ダイナミックに国際社会構造が変わり、さらに情報も瞬時に交差するので、落ち着く暇も無かったでしょう・・・。だからこそ、普遍的で昔から変わらずに存在するものに惹かれるのは、私にも理解できます。

私は数学科出身でして、政治、経済、歴史、語学、文学、おおよそ文系という分野のものは全然ダメなのです。たまたま主人のフランス転勤により、方向転換を余儀なくされたおかげでいろんなことを教わりました。
語学も教会も美術も、yokuさんと同じように、今までとは違う分野だからこそいっそう興味をそそられる様な気がします。

イタリアの街の成り立ちも面白いですね。都市国家同士の攻め合いは、実際の戦争にとどまらず、文化もしのぎあっている点で、私も興味津々です。
また、yokuさんの記事を楽しみにしております。

投稿: Cojico | 2009年1月 1日 (木) 19時38分

あけましておめでとうございます。
私も昨年春に箱根に行きましたが、曇っていたのでこんな大きな富士山は見えませんでした。今日は近所の神社に初詣に行ってきましたら、境内に富士山に見立てた富士塚がありました(建物でいえば3F建てくらいの高さ)。頂上まで登ってきました!
私も普遍的なものを感受することが大好きです。でも直感からつかんで現在の一瞬に他者のために生かすことが目的、そこで手いっぱいなので、なかなか勉強して裏づけをとる作業にまで到れません。その部分をCojicoさんのおかげで吸収させていただいています。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: あむ | 2009年1月 2日 (金) 18時49分

あむさん
昨年は、いろいろ刺激を頂き、また楽しいお話もありがとうございました。
このお正月休みは天気が良くて、富士山が東京からでも綺麗に見えますね。でも芦ノ湖あたりの富士山は、ほんとに雄大で美しかったです。
そうそう、”富士塚”に登ると、たとえ小さな山でも、富士山に登ったのと同じことになる、と聞いたことがあります。
凄いことです。お正月から富士山に登ったとは!今年は出だしから好調ですね。

あむさんの感性はすばらしいものがあると思っています。どんどん社会貢献していってくださいね。私はあむさんの書かれる内容の少しでも理解できればいいな、と思っております。
私の方は知らない事が多すぎるので、少しずつ解明していくだけです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Cojico | 2009年1月 3日 (土) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204923/43596073

この記事へのトラックバック一覧です: 新年ご挨拶:

« ボローニャにある聖ドミニコのお墓 サン・ドメニコ教会① Basilica di St. Domenico | トップページ | 2008年に鑑賞した美術展一覧 »