« クーポラのあるアングレーム大聖堂Cathedrale d'Angouleme | トップページ | コレッジョに会えなかった・・・ »

2008年8月 7日 (木)

コレッジョやカラッチに会える!

夏休みに、イタリアへ行って来ます。
出発前1ヶ月をきった頃、キャンセル待ちしていたお盆の頃の飛行機が取れたとの連絡に、あわててネットでホテルやレンタカーの予約をしました。ホテルは駐車場とエアコン付きを選んでいると、値段が高くなってしまいましたが、まあ、仕方が無いです。

あまりにも連絡が来ないので、この夏はミャンマーかラオスかな、とイタリア行きはあきらめていたところでした。よかったー。

やはり車で回ると、駐車場を探すのが少し大変ですが、都市間の移動は楽です。主人と行くといろいろお任せできるので安心、私の一番好きな旅行パターンです。バンザイ!

といっても、計画を建てたのは私、レンタカーの予約もホテルを探し予約をしたのも全部私です。計画資料を作ったのも私。ハ~ア、疲れました~。相変わらず、忙しい旅行になりそうです。

今回は、ボローニャ、モデナ、パルマも予定にしていますので、やっとコレッジョの天井画やカラッチの美しい絵に会えそう。

でも、真夏のこの暑さ!パリの昨日の気温は37度だったそうです。エリミアロマーニャ地方も予報では最高気温がなんと35度!になりそう・・・この暑さで回れるでしょうか?

|
|

« クーポラのあるアングレーム大聖堂Cathedrale d'Angouleme | トップページ | コレッジョに会えなかった・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Cojicoさん、こんばんは。
イタリアにいらっしゃるんですね。いいなぁ。
私はこのえうろ高とサーチャージ高で、とてもじゃないけど、お盆時に欧州まで行けません(T_T)
エミリア・ロマーニャ地方をゆっくり回られるとのこと、うらやましいです。
一昨年の秋から、成城大学の美術史の石鍋先生の講座をカルチャーセンターで受講していて、ちょうどこの夏まではバロック美術でした。
バロックはボッロミーニ以外は苦手だったのだけど、今回の講座で新たに興味を持ちました。
コレッジョはルネサンスの画家と言われますが、バロックの先駆けでもありますね。

どうぞお気をつけて、楽しんでいらしてくださいね。
写真やレポートを楽しみにしていますconfident

投稿: ちゃおちゃお | 2008年8月 7日 (木) 23時12分

Cojicoさん、こんばんは。
わお、イタリアをレンタカーで(それも素敵な運転手さん付きで/笑)巡られるなんて羨ましいです!!
体調にお気をつけて、エミリアロマーニャ地方をしっかり楽しんできてくださいね♪
Cojicoさんのコレッジョ~カラッチ~レーニのご感想を楽しみにしております。あ、写真もたくさん期待できそうですね(^^)

パルマ...見所も多いし、生ハムもチーズも美味しそうだし...いいなぁ(^_-)-☆

投稿: 花耀亭 | 2008年8月 7日 (木) 23時14分

ちゃおちゃおさん

メッセージをありがとうございます。
ちゃおちゃおさんは、ハワイに行かれてたんですね。楽しい時間を過ごされたのでしょうね。

実は今回はマイルでの航空券だったので、サーチャージ分だけで済みました。でもやはりユーロは高いですし、物価もフランスもイタリアも高いので、費用は昔の旅行よりかかりますね。

パルマでは、duomoとその後ろにあるサン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ教会のクーポラに描かれているコレッジョのフレスコ画を楽しみにしていたのですが、なんと両方とも修復中で見られませんでした。
さらに、サン・パオロ修道院の食堂の天井画もなんと15日が祝日の為休館。国立絵画館も休館。まったくコレッジョの作品を見ることはできなかったのです。
ああ、なんという旅行でしょうか・・・またいつかチャレンジしなければならないようです。

石鍋先生の講義を受けられているのですか!楽しいでしょうね。バロックは私も知らないので受けてみたいです。

ところで、次にコメントを書いてくださっている花耀亭さんは、カラヴァッジョに非常に詳しい方で、またコレッジョ、カラッチ、レーニなどについてもよく勉強なさっている方です。HPやブログも充実していて、ほんとに絵がお好きなんだなあと感心して見ています。もし良かったら、覗いてみてください。

投稿: Cojico | 2008年8月18日 (月) 11時48分

花耀亭さん

お話したとおり、コレッジョんにはお目にかかれませんでした。うそのような話です。ここまで運が悪いとは・・・

それにしても、ボローニャって素敵な街ですね。気に入りました。国立絵画館の前に立ったとき、花耀亭さんもここにいらしたんだなあ、と疲れてボーっとした頭で考えていました。

あういう風に一部屋に一人の画家の絵がまとまっていると、どんな傾向の絵を描くかがよく分かって良いですね。
グイード・レーニのいつも上を見上げている絵は、ペルジーノの影響を感じました。コレッジョの絵はエレガントですね。
閉館50分前に入ったために部屋の制限をしていて、ラファエロとかティツィアーノの絵に会えなかったのは残念です。また、ブログでも書きますね。

前のコメントを書いてくださっているちゃおちゃおさんは、イタリアの教会や絵画に非常に詳しい方です。私はイタリア文化の専門家かと思ったほどでして、ホームページはこれまた非常に充実していまして、驚くほどです。

花耀亭さんもご存知かもしれませんが、どうぞちゃおちゃおさんのHPをご覧になってみてください。

投稿: Cojico | 2008年8月18日 (月) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204923/42097894

この記事へのトラックバック一覧です: コレッジョやカラッチに会える!:

« クーポラのあるアングレーム大聖堂Cathedrale d'Angouleme | トップページ | コレッジョに会えなかった・・・ »