« 続続続:大好き オーヴェルニュ地方 アルーズ城・ガラビ陸橋 L'Auvergne que j'aime | トップページ | やはり我が家はいいな! »

2007年10月28日 (日)

お知らせ

Lippi_2 オーヴェルニュを終わらせてから、このお知らせを書きたかったのですが、残念ながら間に合いませんでした。

お知らせなのですが、今週また入院をしなければなりません。前回と同じようにまた1ヶ月の入院予定なので、この続きが書けるのは、12月上旬以降になります。

それまでは、コメントもトラック・バック同様に、管理者の承認がなければ公開されない設定にしておきますので、ご了承ください。

もし、なにか質問とかメッセージを送ってくださる場合は、メールアドレスを書いていますので、*印を@マークに置き換えてお送りください。でも申し訳ありませんが、返事が書けるのは12月以降になりますので、これもご了承ください。
cojico*mbe.nifty.com

それまで、このページには、私の好きな画家フィピッポ・リッピの作品「聖母子と2人の天使」(ウフィッツィ美術館)をアップしておきます。彼の絵は、彼の人生と大きく離れていると思われる、繊細な印象を受けますね。大好きです。

いつかプラートへ行って彼の起こした駆け落ちの現場を見てみたいですし、また大聖堂に描かれている祭壇画をじっくりと味わってみたいです。

|
|

« 続続続:大好き オーヴェルニュ地方 アルーズ城・ガラビ陸橋 L'Auvergne que j'aime | トップページ | やはり我が家はいいな! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お健やかにと祈ります。でも、絵画って、本当に心打たれるのはルネサンス期です。日本人は印象派が好きですが・・・・でも、完成されたアカデミズムの後追いをするってのもつらいものです。ロシア国立美術館展を見て来ましたが・・・う・うー・・・

投稿: 山口ももり | 2008年1月11日 (金) 18時54分

ももりさん

こちらにもメッセージをありがとうございます。私は昨年、2度の手術入院をし、休養モードでした。今年は語学に遊びに全開モードでいこうと思っております。

ほんとにルネサンスの絵には、完成された構成、技術、バランスの良さ、エレガントさ、敬虔な祈りがあり、美しいですね。大好きです。

日本人は印象派が好きだ、と言われますが、その理由には3つあると思っています。
1つは、印象派の絵の主題が、歴史とか宗教とかには関係のない、誰にでも分かる題材であること。
2つ目は、印象派の絵は、空間恐怖症のようにびっしりと描かれているのではなく、画面構成が日本画のようにゆったりとしていること。
3つ目は、絵画展が商業主義に乗っている為に、簡単に人集めがしやすいという理由で、頻繁に印象画展が開かれること。

個人的には、イタリア絵画、スペイン絵画、そして日本画が好きです。絵のことも書きたいのですが、日常生活に追われて、のびのびになっています・・・

投稿: Cojico | 2008年1月12日 (土) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204923/16899220

この記事へのトラックバック一覧です: お知らせ:

« 続続続:大好き オーヴェルニュ地方 アルーズ城・ガラビ陸橋 L'Auvergne que j'aime | トップページ | やはり我が家はいいな! »