« 講義「ロマネスク彫刻の形態の特徴」 la conference "le caractere de la sculpture romaine" | トップページ | フランス小話(10) les histoires drôles(10) »

2007年8月 6日 (月)

素人の初めてのパステル画 le premier pastel que j'ai peint

6月下旬から始まった、テンポラリーに区主催の「初めてのパステル画教室」に参加し、ようやく終わった。開始数日前のある日、図書館へ行った帰りに、何気なく掲示板を見ていてこの講座を見つけた。絵を描くことに興味はあるが、センスが無いのも知っている・・・。う~ん、どうしよう・・・と悩みながらも、カウンターへ申し込みに行ってしまっていた。

全6回、2回で一作品を仕上げる。初回には持っているハードパステルを持参したら、なんと使用するのはソフトパステルだとか。全然知らなかった、”ソフトパステル”という種類があるとは・・・。なんとなく、学校のチョークに色が付いたような感じで、色は綺麗。

先生は、どんどん色を重ねなさい、とおっしゃる。それも、同系色ではなくて、関係の無い色もいれると面白いのだとか。素人には、そんな芸当はなかなかできない。

Photo_7 1作目は、野菜。記念のパステル画第一号!かぼちゃの皮の部分はいろんな色を混ぜて、とても面白かったけれど、とうもろこしはとてもとうもろこしには見えない。

パステルで抱いていたイメージと全然異なる、油絵のような絵になってしまった。まあ、初心者だから仕方が無い。先生が大きく描いて、というので素直に大きく描いたら、私のが一番野菜が大きかった。周りの人のは、真ん中に綺麗にまとまっていた。

パステルは、指でこすって別の色と混ぜ合わせたりできるので、ふわーっとしたファンタジックな絵にもできるし、このように油絵のように描くこともできる。

Photo_9 周りの人は、指でこするとどんどん色が紙の上で伸びていくのに、私のは全然伸びないのが不思議だった。どうして他の人のように、色が伸びないのだろう?疑問を持ちながらも、2作目に突入。

2作目は、ガラスビン。ふわーっとぼかした描き方をしたいのに、全然できない。そしてまた、油絵のようになってしまった・・・もう、どうして?

20名ほど居ただろうか。やはり上手な方が数名いらした。洗練された色使いで、非常に美しい絵を描かれていた。伺うと、やはり過去にそれぞれ絵の経験がおありで、その一人は美大を目指したそうで、それなりの勉強もしていたとか。”私O型なんで大雑把なんです~”と言いながら、繊細なところも丁寧に描いて、引き締まった絵を描かれる。素人との雲泥の差を見せ付けられた。

Photo_10 3作目は、旅行時に撮った写真を見て描く、というもの。私のは、ベトナムのリゾートホテルでの夕焼けにした。

3作目を描き始めてようやく、どうして私のパステルだけが紙の上で伸びないのかが分かった。なんと、私は水彩専用用紙の上に描いていたのだ。パステル専用の用紙よりでこぼこが深くて、そこに色が入り込んで伸びなかったらしい。

最後の回になって初めてパステル専用用紙を用意し、それに描くことができた。この1回だけで、この作品を描いたので、少々深みにかける。でも、最後の回になって初めてぼかす経験ができた事がなによりうれしかった。

下手なのは分かっているけれど、自分のパステル画が出来た事が嬉しいので、アップすることにした。絵を描くのはとても楽しい。絵を勉強すると、画家たちの苦労や工夫を具体的に分かることもできるだろう。続けたい気持ちはあるけれど、最後の回で紹介されたクラブには、残念ながら時間が合うのがなかった。またゆっくり教室を探してみようと思う。

|
|

« 講義「ロマネスク彫刻の形態の特徴」 la conference "le caractere de la sculpture romaine" | トップページ | フランス小話(10) les histoires drôles(10) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
パステル画、素敵ですね。
野菜も大きくてgooです。ガラス瓶もバックとのバランスがとても良いと思います。そしてベトナムのリゾートホテルの風景は初めてとは思えないくらい臨場感が出ています。全体的に色使いがとても好きです。
実は、こちらも絵を始めようと思っておりますが、気持ちだけは
入っているのですが、うじうじしております。
20歳くらいまで絵やデザインなど描いておりましたが、仕事が
忙しくなって辞めてしまいました。
このごろ、ブログ先輩のももりさんの影響され、描こうと思ったしだいです。旅先で、絵を描いたら良いな~と思うのですが、
しかし、今回の旅もそうですが、せっかちツアーで、もう少しゆっくりしたらどうなのと・・・反省の旅でした。
訪問先の思い出の色をキャンバスの描けたら幸せでしょうね。
cojicoさんの次の作品を楽しみにしております。
cojicoさんの色使いは、さわやかな感じがします。
ベトナムの避暑地はルソーかな~。
素敵です。

ブログ仲間で先輩ですが、素敵な絵画の先生がいらっしゃいますの是非、のぞいてください。
良く、海外も行かれている可愛い先生です。
http://yamaguchimomori.cocolog-nifty.com/

投稿: kju96 | 2007年8月 6日 (月) 21時22分

kju96さん

ほんと、恐縮です。こんなに素人の作品に御感想を頂いてしまって・・・

kju96さんは、若いときから絵心があるのですね。いいなあ~。持って生まれたセンスは、使わなくても失われるものではありません。再開されると、結構夢中になったりして・・・。

私は根っから美的感覚はないので、きっと習っていても苦しいでしょうね。でも、センスは無くても、自分スタイルの絵が描けたら本望です。
ほんと、kju96さんのおっしゃるように、旅行先でもさらっと描けたらかっこいいですね。夢ですが・・・。私の旅行もいつも忙しいです。

お薦めのももりさんのブログ、見せていただきました。いやーすばらしいですねえ。筆がさらっさらっさらっと自由に動いていて、絵が生き生きしています。このように自分の思うように描けたら、どんなにいいでしょう!また、もっと見せていただきますね。

実は、パステルのクラスはうまく合わなかったのですが、代わりに水彩のコースに入りました。色を楽しみながら、少しずつ勉強してみます。

投稿: Cojico | 2007年8月 7日 (火) 16時06分

Cojicoさん

kju96さんとの会話、ここでも読ませていただけて楽しいです。
パステル画、どれもステキですー!うれしさと新鮮さが伝わってきます。初めてでこんなに描けるんですか。どんどん描いたらよろしいですね!ホテルからの景色がルソー、たしかに!(^o^)

ルドン、行かれましたか?すごく良かったですよ。なので会期中にもう1回行こうかと思っています。

投稿: あむ | 2007年8月 7日 (火) 23時17分

あむさん

すみません、こちらにまでコメント頂いてしまって・・・
緊張して描いているので、作品も硬い表情をしていますね。(ルソーなど、とてもとても・・・彼の孤独な努力は大変なものです。)
後で見直すと、描いているときの楽しさと緊張を思い出してしまい、自分でも結構楽しめることに気が付きました。

実は、フランスに居たとき1年間だけ絵画クラスに通っていました。先生は素敵なフランス人女性だったんですよ。新しく追加したカテゴリー”私が・描いた・絵”で見ていただけるのですが、下手だのによく出せるなあ、と自分でもあきれています。最初は勇気が要ったのですが、今となれば、顔の皮も、いえブログの皮も厚くなりまして・・・

そうそう、あむさんも水彩を習われているんですよね。もう作品、溜まっったでしょう!水彩絵の具の色、いいですねえ。私も少しずつ水彩、習っていきたいと思います。お互いに頑張りましょうね。

そうそう、私もルドン、見てきましたよ。作品数が多くて、じっくり彼の世界に浸れましたが、彼の哲学感は私には難しすぎて・・・。
ロマネスクの説明と同じように、このルドンも洋梨さんの説明が欲しい気がします。

投稿: Cojico | 2007年8月 8日 (水) 10時13分

Cojicoさん

洋梨さんのルドンページは以下のアドレスにありますよー

http://homepage.mac.com/pirvs/sh/Pyr0202.html

フォン・フロワドの修道院には行かれましたか?「ルドンと音楽」という項目に入ると、その修道院におけるルドンと、セヴラックという作曲家のバカンスの様子が紹介されていて、Cojicoさんには興味深いかと思います。

投稿: あむ | 2007年8月 8日 (水) 14時20分

あむさん

丁寧な案内、ありがとうございます。
実は、そのページは開いたことがあるのですが、そのページからはどこへも飛ばず、引き返していました。

今回初めて中に入った気がします。丁寧に説明がなされていますね。フォン・フロワドという修道院は行ったことがありません。
それにしても、ルドンの「昼」と「夜」の絵、とてもとても素敵ですね。
昔から、ルドンのパステル画は好きだったのですが、黒の世界に関しては、どう見ていいのか分からなくて、興味はあるのに戸惑っている感じです。
また、あむさんがルドン展の感想を書かれたら、ぜひとも読ませてくださいね。

あむさんは、ほんとに丁寧にブログを読まれていますね。感心ばかりしているCojicoです。

投稿: Cojico | 2007年8月 8日 (水) 21時17分

Cojicoさん、おひさしぶりです。

この絵が下手なの?
なら私なんて絶対に絵なんて描けないわ。(^_^;)

3枚目のベトナムの風景。
水面の反射まで描いていてとても素敵ですよ。

2枚目の瓶の絵もガラスのやわらかい感じが
とてもいいです。

絵つながりで私のお気に入りブログをご紹介します。
http://www.artist-at-heart.com/blog/
「1日1画」というブログです。

投稿: リセ | 2007年8月 9日 (木) 23時07分

リセさん、こんばんは。

お忙しい中、どうもありがとうございます。
いろんなことが落着いたようで、良かったですね。

一緒に描いていた方々、皆さん、上手でした。同じ題材でこんなにも出来上がりが違うのかと、唖然としました。客観的に見て、こういうしかないです・・・

でも、今回は嬉しかったのです。ソフトパステルは色が綺麗で、大好きになりました。一人でも描いてみようかな、と思っているほどです。

大事なお友達のブログ、紹介してくださってありがとうございます。
実は、この方のホームページには、随分前から時々伺い、読ませていただいておりました。1日1画を始められてからも、時々覗いていたのですが、失礼なことにずーっとread only状態でした。

理論派で聡明で律儀で誠実で、そして絵を愛する方ですよね。読んでいて、それがひしひしと伝わってきます。
デッサンも非常にお上手です。いつもどのくらい時間をかけていらっしゃるのかな、と疑問に思いながら見ていました。
また、これからも絵を時々、覗かせていただきます。

これから、リセさんのお話もたっぷり聞けそうですね。楽しみにしております。

投稿: Cojico | 2007年8月10日 (金) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204923/16015265

この記事へのトラックバック一覧です: 素人の初めてのパステル画 le premier pastel que j'ai peint:

« 講義「ロマネスク彫刻の形態の特徴」 la conference "le caractere de la sculpture romaine" | トップページ | フランス小話(10) les histoires drôles(10) »