« フランス小話(8) les histoires drôles(8) | トップページ | 奇岩の上に立つ教会ル・ピュイ(1) LE PUY-EN-VELAY(1) »

2007年6月14日 (木)

YouTubeに夢中 sono appassionata del YouTube

最近、YouTubeにはまっています。歌手が歌い終わると、私もキャーと叫んだり、拍手したりして楽しんでいるのですが、映像を見て音楽を楽しむのとCDで単に聞くのとが、感激がこんなにも違うのかと驚きです。

パソコンの前にいて、日本に居たら見るのも難しい世界各国のテレビ番組で放送された世界中の歌手の歌う場面を見られるなんて、ほんとに有難い事です。

Milene_farmer1 例えば、大好きなフランス人女性歌手Mylène Farmerの映像も、時間に関係なく沢山見られるので大満足。これは、大ヒットしたディスク「INNAMORAMENTO」(右のジャケット)のダイジェスト版のようだけど、2番目の曲の画像がちょっとショック。

気に入っているオペラ歌手ホセ・クーラ(Jose Cura)の歌っている場面など劇場以外では考えられないけれど、大ヒットしたサラ・ブライトマンのアルバム「Time to say goodby」の中でデュエットした「Just show me how to love you」がこのように見られるのです。野心家らしい彼の雰囲気がビデオからよくわかりますね。

同じくSarah Brightman と Andrea Bocelli(アンドレア・ボチェッリ)がデュエットで歌い、大大ヒットした「Time to say goodbye」も、二人が一緒に歌っているのはこのYouTubeで始めて見て感激しました。

Helene_segara1 Andrea Bocelliといえば、アルバムを出す度、他のミュージシャンとのデュエットが必ず入っていますね。彼の爆発的ヒットアルバム「Romanza」の中にあるエレーヌ・スガラ(Hélène Segara)とのデュエット曲「Vivo Per Lei (Je vis pour Elle)」も見られます。個人的には、少し頼りなさそうな細く高い声のエレーヌが好きなのですが・・・。

最近の収穫は、Josh Grobanの「Per Te」(英語ではfor youの意)を見つけたこと。上の二つの曲と同じようにイタリア語の曲はほんとにいい・・・。早速この曲が入っているアルバムをアマゾンで購入。歌詞を読むと、次のようなマッタリとした愛の曲でした。一部分を書いてみます(訳:Cojico 輸入版なので訳が無い為)。(後記:後でじっくり全体の歌詞を読んでみると、どうも彼女が去っていくらしく、それで愛の歌を必死に歌っているという感じです。)

 Per te, per te vivró         君の為に、君の為に僕は生きよう

  L'amore vincerá      愛は勝つだろう

  Con te, con  te avró    君と一緒に、君と一緒に持とうよ

  Mille giorni di felicità    幾千もの幸せな日々を

  Mille notti di serenità    幾千もの平穏な夜を

 Faró quello che mi chiederai 僕に頼むことは何でもするよ

  Andró sempre dovunque tu andrai 君が行く処はいつでもどこへでも行くよ

  Daró tutto l'amore che ho   君の為に僕が持っているすべての

  Per te               愛をあげるよ

Josh_groban2_1 彼の公式サイトを見ると、なんとこのアルバムの中の曲「you raise me up」が、7月から京都で始まる「フィラデルフィア美術館展」のイメージソングになっているとのこと。でも、イメージソングって何?

フィラデルフィア美術館は、私にとって特別な存在。若い頃、1年半ほどフィラデルフィアに住んでいたのですが、その時訪れたフィラデルフィア美術館が、私の初めて訪問する海外での美術館になりました。

映画「ロッキー」で、美術館の裏側で「ワオー」と叫ぶ場面が印象的ですが、私も彼が走ったように、(着いたばかりで、まだ公共の交通手段が分からなかった時期)、市庁舎から美術館に伸びた広い道を、一人不安を感じながらとことこ歩いていったのが忘れられない思い出です。

|
|

« フランス小話(8) les histoires drôles(8) | トップページ | 奇岩の上に立つ教会ル・ピュイ(1) LE PUY-EN-VELAY(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

You Tube、私もハマリました。今は時々です。私はクラシック音楽とバレエを見ます。リハーサルやインタビュー場面を見てはいろいろ参考にしてます。(ふむふむと聞いてるだけ ^_^; )

投稿: あむ | 2007年6月15日 (金) 15時01分

あむさんは、クラシックとバレエですか。
最初の頃は、夢中で好きな楽団や指揮者、また気に入っているバレエ団やプリマ、物語などを選んで見ていらっしゃったのでしょうか?でも、ほんと嬉しいですよね。

リハーサルの様子を見ていると、ああ、こんなに苦労して作り上げているんだなあ、と身近に感心できますし、日本にいたら聞けないインタビューも、この人、こんな風に話すんだと別の面も発見しそうでおもしろそうですね。

放送権がどうのこうのと言っていますが、一ユーザーとして無責任かもしれませんが、有難いです。
見始めると時間があっという間に過ぎていってしまうので、少々saveしています。

ところで、nasi-poireさんのブログが見られなくなったのは、寂しいです。

投稿: Cojico | 2007年6月15日 (金) 20時33分

私もハマりました。私の場合は、テニスです。
特にアンドレ・アガシの試合は何度見ても感動します。
TVで見たことのある試合は、ほぼ全てのショットを
記憶しています。
You Tubuってありがたいですね。

投稿: リセ | 2007年6月15日 (金) 20時40分

も~う、ツボはお察しのとおりです。見始めたころは毎日見てました! nasi-poireさんは、ボタン操作を誤ってブログ全体を消してしまったそうですが、これを機にブログから退かれるとのことです。

投稿: あむ | 2007年6月15日 (金) 21時06分

りせさんは、アガシですか。
彼の一生懸命ボールを拾おうと走っている姿は感動ものですね。若いときより歳をとった時のほうが素敵です。

ほぼ全てのショットを記憶しているなんて凄い!!でも、ファンってそういうものなのかもしれませんね。
ちょっとした小さな動きまで覚えていて・・というより、眼に入ってしまい、覚えようとしなくても自然に頭に焼きついてしまうんですものね。

好きなものを見ていると、幸せな気分になれます。YouTubeのおかげで、幸せな時間が増えました。

投稿: Cojico | 2007年6月15日 (金) 22時25分

あむさん、

nasi-poireさんには、そんなことがあったのですか・・・
でも、ブログを退かれるとは・・・寂しいですね。あむさんとの掛け合いも面白かったのに・・・
仕事もあるし、お忙しいのでしょうか?それとも、ホームページの方を、もっと充実させるのでしょうか?

でも、あむさんがpoireさんの近況をご存知でよかった。どうぞ、研究をどんどん進めていってください、とお伝えください。

投稿: Cojico | 2007年6月15日 (金) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204923/15418398

この記事へのトラックバック一覧です: YouTubeに夢中 sono appassionata del YouTube:

« フランス小話(8) les histoires drôles(8) | トップページ | 奇岩の上に立つ教会ル・ピュイ(1) LE PUY-EN-VELAY(1) »