« やはり画像がないと・・・ | トップページ | シラクとサルコジのかつての風刺漫画 ancien caricature qui dessinait la relation entre Chirac et Sarkozy »

2007年5月 3日 (木)

晴れて太陽の下に

Tutuji 今日やっと、晴れて自宅に戻れました。予定より少し早い退院だったので体調はまだまだですが、この気持ち良い空の下、病院に留まっていることはできませんでした。

う~ん、ほんとに自由は良い!自分の行きたいところへ行き、自分のしたいことが出来ることのすばらしさよ!

手術後1ヶ月ぶりに病院の屋上へ出たときの空の眩しさと、風の心地よさといったらありませんでした。急に背中に羽が生えて飛び立ったような開放感に満たされました。

思えば、やはり手術後は非常に苦しかったです・・・今まで何回かこういう嫌な経験をしているので、その辛さを分かっていたつもりでしたが、記憶とは大違いの、生身で感じるこの痛さ苦しさよ・・・

最近は、麻酔の技術も進んでおり、術後も以前ほど苦しくないと聞いていたのだけれど、私はどうも、麻酔が合わないようで・・・

まあ、そういういやな思いは忘れるようにして、少しずつ元の生活に戻れるように、体力をつけていこうと思います。まだ自由に歩ける状態ではなく、”一人で外出できる”という自信がつくのは、もう少し先になると思われます。美術展に行けるようになるのは、いつ頃なのでしょう?

また、こうやってパソコンに向かうのも、非常に目が疲れます。画面の彩度を落としていても、眩しくて眩しくて見続けることができないのです。この画面って、刺激強いんですね、今頃分かるなんて・・・。

というわけで、暫らくは元のように書くことはできませんが、これからも宜しくお願いいたします。(写真:丁度2年前の今頃、鎌倉にて)

|
|

« やはり画像がないと・・・ | トップページ | シラクとサルコジのかつての風刺漫画 ancien caricature qui dessinait la relation entre Chirac et Sarkozy »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Cojicoさん、お帰りなさいませ!無事のご退院、おめでとうございます!!♪
ご復帰はGW後かなぁと、時々シモーネ・マルティーニの《受胎告知》を拝見しておりました(^^ゞ

手術も術後も、やはりつらいものですよね。普通に歩き生活できることの幸せがわかります。
Cojicoさん、どうぞあせらず、ゆっくりと体調を戻してくださいね。5月の爽やかな空の下で、すべてがきっと順調に回復していくように思います!

投稿: 花耀亭 | 2007年5月 6日 (日) 22時14分

Cojicoさん:ご退院、おめでとうございます。
早速のメッセージも、有り難うございます。
どうぞ、無理をなさらず、ご自愛の程を!

投稿: Ken | 2007年5月 6日 (日) 23時33分

花耀亭さん

早速のメッセージ、ありがとうございます。

暫らくは無理と思っていた美術展でしたが、今日、主人が一緒に行ってくれるというので、「ペルジーノ展」に行くことができました。

ペルジーノのように、ルネッサンス時代の有名画家以前にもかなりの人気を博した画家がいたのですね。全然知りませんでした。
後でもう一度、花耀亭さんの「ペルジーノ展」評を読ませていただきますね。

このように少しマイナーなイタリア人画家の展覧会が開催されるのも、今年が「日本におけるイタリア」にあたるおかげなのでしょうか?有難いことです。

まだ本調子ではありませんが、徐々に以前の生活に戻れるよう、励みたいと思います。

投稿: Cojico | 2007年5月 6日 (日) 23時34分

Kenさん

メッセージ、ありがとうございます。
Kenさんの写真を見ていたら、私も早く元気になって、ヨーロッパの街をレンタカーで回りたくなりました。
と同時に、(前から)写真もKenさんのように上手に撮りたいと思っているのですが・・・難しいですね。

投稿: Cojico | 2007年5月 6日 (日) 23時47分

Cojicoさん

お帰りなさい。退院おめでとうございます。
ゆっくりでいいから、また書いてください。
あなたのブログのファンは、待っています。

投稿: もりたたろべえ | 2007年5月 7日 (月) 16時27分

たろべえさん

ありがとうございます。
いつものことですが、たろべえさんの暖かい言葉には感謝しております。

はやく普通の生活を送れるよう、気持ちを入れ替えたいと思います。
これからも、宜しくお願いいたします。

投稿: Cojico | 2007年5月 7日 (月) 20時39分

Cojicoさん、退院おめでとうございます。どうぞ無理なさらずに、ゆっくりなさってください。戻っていらしたと聞いただけで、こちらは楽しい気分になります。

投稿: あむ | 2007年5月 8日 (火) 14時18分

退院されたんですね。おめでとうございます。あせらず、ゆっくり通常の生活に戻してくださいね。今日は久しぶりのイタリア語の授業でしたが、欠席が多く少し寂しい感じです。やはりRETE 2 になってかなり難しくなって感じがします。

投稿: Rie | 2007年5月 8日 (火) 16時47分

あむさん

メッセージ、ありがとうございます。
これから、少しずつドイツにも触れたいと思っておりますが、知らないことが多いので、また教えてくださいね。
宜しくお願いいたします。

投稿: Cojico | 2007年5月 8日 (火) 20時10分

Rieさん

今晩は。どうもありがとう!

如何ですか?今のクラスは・・・
また一緒に机を並べて、勉強したいですね。

今のところ、語学にはノータッチの状態なので、少し前から、勉強しなおさなければいけないようです。

焦らずにゆっくりと続けていこうと思っておりますので、また教えてくださいね。

投稿: Cojico | 2007年5月 8日 (火) 20時18分

退院おめでとうございます!

トスカーナ小都市の部分をすべてプリントアウト
してお盆の旅行に持参させて頂きます。

今年のイタリアは暖冬と水不足が話題になって
いますが、やはり8月は猛暑なんでしょうか?

それにしても最近のユーロ高は痛いです。

投稿: san shiro | 2007年5月 8日 (火) 21時54分

Shiroさん

メッセージをありがとうございます。

どんどん近づいていますね、イタリア旅行・・・。
私の書いたものを持っていって下さるなんて、ちょっと恥ずかしいです。でも、ありがとうございます。

8月のイタリアは暑いでしょうね。2年前の9月上旬でも暑かったですよ。さらにその前年は猛暑で、7月上旬フィレンツェは39度だったそうで(私が行ったのは7月下旬)、ホテルの人が”死にそうだった”などと話していました。

でも、旅行中は、どこからエネルギーが出るのか分かりませんが、不思議とどんな暑さにも耐えられますよね。楽しい旅行になることを願っております。

確かに、ユーロの高さには驚かされます。初期の120円台が懐かしいです。

投稿: Cojico | 2007年5月 8日 (火) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204923/14937708

この記事へのトラックバック一覧です: 晴れて太陽の下に:

« やはり画像がないと・・・ | トップページ | シラクとサルコジのかつての風刺漫画 ancien caricature qui dessinait la relation entre Chirac et Sarkozy »