« 知らなかったピエトロ・ペルジーノ① Pietro Perugino che non conoscevo | トップページ | 2007年5月に書いたこと ce que j'ai ecrit en mai 2007 »

2007年5月25日 (金)

知らなかったピエトロ・ペルジーノ② Pietro Perugino che non conoscevo

15世紀末から16世紀初頭にかけて、イタリアだけでなくヨーロッパのほかの国々へ次々と送られるほど人気があったというペルジーノの作品。この美術展だけではその全貌が分からなかったので、家にある美術館の図録を広げ、集めてみた。

同じ図柄を使い人気が無くなったと言われているけれど、立派な作品が多い。

Vaticanomusess_journey_into_egyt_1Vaticanomoses_journey_into_egyt_2_2

特に驚いたのは、1480年から82年にかけて、ヴァティカンのシスティーナ礼拝堂で描いたフラスコ画だ。この礼拝堂はミケランジェロの「最後の審判」から見て、右側の壁はモーゼの生涯、左側はキリストの生涯が描かれている。

ここを訪れた人々は、ミケランジェロの絵だけでなく、そのほかの絵もすばらしいのには気がつくと思うが、なんとその両側の一番目の絵が、ペルジーノがピントリッキオ(シエナ大聖堂内ピッコローミニ図書館の壁絵を描いた人。シエナ(4)に記述)の協力を得て描かれたものなのだ。

上図は、その右側1番目、「エジプトへ旅するモーゼ」だ。なんと見事な空間構成図だろう。色も美しく、人々も優雅である。下の図は、左側1番目「キリストの洗礼」。人々を規律正しく配置し厳かな印象さえ受けすばらしいが、空に浮かんでいる(お得意の)天使などがいなければ、もっと上品なのになあ、と思ってしまう。

Vaticanobaptism_of_christ_1 

左側の5番目「聖ペトロへの鍵の授与」もペルジーノらしいシンメトリーな構造を持っていて、色鮮やかな服装の優雅な人たちで溢れている。

Vaticanochrist_handing_the_keys_to_stpet

ウフィッツイ美術館には、1490年前半に描かれた美しい絵があった。「王座の聖母子と聖人達」と「ピエタ」、奥行きのある空間に、登場人物も静かに厳かに佇んでいる。ピエタにも激しい悲しみの様子は見られない。上品ですね。Uffizidonna_col_bambino_con_sainti1493_1 Uffizipieta1494

ところが、この絵の中で注目したいのは、上を向いている人物表現。たまたま持っていた1989年5月号「芸術新潮」によると、当時「ヴァチカン美術館特別展」が国立西洋美術館で開催されていたらしく、その解説でペルジーノの次の作品が出ていたので紹介する。

Saint_fravia149598 「聖女フラヴィア」《ペルージアのサン・ピエトロ聖堂の主祭壇画の一部を構成していたもので、キリストの昇天を見上げるこの聖女のポーズをペルジーノは多用しており、「パターン・ブック」を使っていたと思われる。》

Museo_di_bolognamadonna_e_sainti14956_2 左の作品を見て欲しい。ボローニャ国立絵画館の「聖母子と諸聖人」。

前回アップした絵と全くそっくりな格好の2人の天使、そして当時人気のあった天を見上げるポーズの聖人は、ちゃんといる。上の2つのウフィッツイの絵も同じだ。

Musee_de_lyon_ascensio1498 究極は、高階秀爾氏「ルネッサンスの光と闇」に書かれている、ほとんどそっくりな2つの祭壇画。

右図は、リヨン美術館所蔵でペルージアのサン・ピエトロ聖堂のための祭壇画「キリストの昇天」だが、これが、ボルゴ・サン・セポルクロ大聖堂の同じ題名の絵とが、全く瓜二つ。とても誠意ある態度とは思えない。

高階氏も書いている。「彼の流行は一時的なものであり、しかもあまりに同じ形式の作品を乱用したため、ほどなく飽きられるようになってしまった。」

あまりにも多数の注文をこなそうとした為に、こうなってしまったのだろうか?彼はすばらしいとは言わないまでも、初期の作品を見ると、ある程度の技量を持ち合わせていたと分かる。目先の人気を追わず、自分の力を信じて新しく作り出していく能力に欠けていたのかも知れない。

Crucifixionraphael 最後にちょっと面白い作品をお目にかけよう。自分の目も疑ってしまったが、これはラファエロ初期の作品である。

色、対称性、天使、見上げる人物・・・ペルジーノの作品といってもいいくらいに彼の特徴を確実に自分のものとしていたのですね。う~ん・・・良さを残しつつこれから脱皮していったラファエロは立派です。

《前編》 知らなかったピエトロ・ペルジーノ①はこちら

|
|

« 知らなかったピエトロ・ペルジーノ① Pietro Perugino che non conoscevo | トップページ | 2007年5月に書いたこと ce que j'ai ecrit en mai 2007 »

海外美術 L'art étranger」カテゴリの記事

コメント

Cojicoさん、こんばんは。
ペルジーノについて、そうそう、なるほど~、と、うなずきながら拝見させていただきました。

ペルジーノの気合の入った作品は本当に素晴らしいのに、量産のためにパターン化してしまう後年の作品は、ちょっとつまらなくなりますよね。天を見上げるポーズの聖女パターンまであるんですねぇ(^^;;

実は、この天を見上げるパターンを見ながら、グイド・レーニを想起してしまいました。ペルジーノのボローニャ作品をレーニはきっと見ているはずですし...。ペルジーノの影響はラファエッロだけじゃないかも、と思ってしまいました(^^;;;

投稿: 花耀亭 | 2007年5月28日 (月) 02時17分

花耀亭さん

ボローニャでカラッチもレーニもしっかりご覧になっている花耀亭さんなら、きっといろんな場面でペルジーノの影響を察しできるのでしょうね。

私は、レーニといえば、ルーブルにある、大きなゴリアテの頭を持ったダヴィデの絵しか思いつきません。

前回の旅行で、ボローニャを予定していたのに、時間がなくなってパスしてしまいました。今年は無理なので、来年くらい行って、ボローニャ派の絵を見てみたいです。

おっしゃるように、確かにペルジーノの影響はラファエロだけじゃないようです。

高階氏の本の中に、「現在の眼から見れば、いささか甘過ぎるようなペルジーノのあの遠く天を憧れる上向きの眼差しは、直接結びつこうとする宗教改革運動のシンボルになった。逆に言えば、ペルジーノ風の甘美な宗教画を描いている限り、画家は安全であった。」と書かれていました。

ということは、結構多くの画家が、彼に似せて描いていたのかもしれません。
芸術面からでないとはいえ、画家に広く影響を与えたなんて、はやりペルジーノって意義のある画家なのですね。

投稿: Cojico | 2007年5月28日 (月) 21時48分

Cojicoさん

水彩を習い始めて半年なのですが、先日、先生の家でルネサンス期の画家・流派の系図を見せてもらっていましたらペルジーノもありました。ラファエロの直接の師ということではないのですね。でも影響はバッチリ受け取ったということですよね? 

それから、パターン・ブックとはどんなものなのですか?

投稿: あむ | 2007年5月29日 (火) 18時18分

はじめまして、夏の季語を探していたら偶然、cojicoさんのブログにたどりつきました。そして最新記事がぺルジーノということでびっくりし(実は私にとってとても馴染みの深い画家なのです)、さらに、最近私がはまっている光琳の記事を見つけ、思わず筆をとらせていただきました。
また、遊びに来ますね、よろしかったらわたしのブログにもいらしてくださいね、それではまた!

投稿: HITTER 鶴 | 2007年5月29日 (火) 20時50分

あむさん

返事が遅くなり、すみません。この2日間、自宅の工事や友人との昼食会などで疲れてしまい、書けませんでした。

水彩画を習っていらっしゃるのですか?!いいですねえ。実は、私も水彩を習いたいなあ、とずーっと思っているのです。いろんな画材を少しずつかじってみましたら、水彩が一番気に入りました。あの透明感がいいですね。

さて、ラファエロについて・・・彼の生涯について詳しくはないのですが、ヴァザーリの本によると、ちゃんとペルジーノの工房に弟子入りしているようです。律儀に父親がペルジーノの人格を見定めた上で納得し、息子を預けたように書かれていました。

ヴァザーリの本では、間違った記述がある場合は、巻末の注釈で訂正されますが、これに付いては修正されていないので、事実なのだと思います。

ペルジーノ展の図録によりますと、1497年ごろ、ラファエロが14才の頃、ペルジーノの工房に入った、と書かれています。

ラファエロの場合、いろんな画家と共同作業し、ダ・ヴィンチやミケランジェロだけでなく他の多くの優秀な画家からも刺激を受け、その技術を吸収し、どんどん成長していた画家だと思っています。

それから、芸術新潮に書かれていた”パターン・ブック”という言葉ですが、こういう使われ方は私も初めてでした。

でもあまり深く考えずに、日本でも大画業軍団だった狩野派もある指定のパターンの本があり、弟子達はみんなそれを模写して訓練していた訳で、それと同じ状態かなあ、と勝手に連想していました。

ここに載せた以外にもたくさん集めたのですが、後期の作品には天使や上向きの表情もはかなりしつこく出てきますし、画面構図も発展性がないというか、同じような変化のない構図が多いです。これも、政治的影響が大きいのかもしれせんが・・・

投稿: Cojico | 2007年5月30日 (水) 18時18分

Hitter 鶴さん、

はじめまして、コメントをありがとうございます。

ブログを拝見し、素敵な景色、楽しそうな会合、展覧会などの記事を楽しませていただきました。

イタリア語ベラベラで、ドイツ語のできるイタリア在住の日本人イラストレーターなんて素敵ですね。これからのご活躍もブログも楽しみにしております。

さて、”ペルジーノにとても馴染みが深い”とは、今ペルージャにお住まいなのでしょうか?絵本と聞いて、先ずはボローニャかと推測しましたが、あのもやに煙る景色を見て、もっと高い土地だなあ、と思い直しました。

さて、光琳や宗達の絵、いいですよね。始めた見たときは、あまりにも斬新で驚きました。日本人えらい!と感心。

今から、そちらへ伺います。これからも宜しくお願いいたします。

投稿: Cojico | 2007年5月30日 (水) 20時30分

Cojicoさん

ご丁寧な回答、ありがとうございました。工房に出入りはしていたのですね。ラファエロは吸収してから後、単に受け継ぐという方向ではなく独自のあり方を作っていったということでしょうか。

パターン・ブックのことについても、興味深いです。つねづね、どうやって練習(あるいは養成)していたのかだろうと思い、きっとお手本のようなものがあったにちがいないと想像していたのです。狩野派などもそうだったのですね。製作過程のエピソードや裏方の話、おもしろいです。

投稿: あむ | 2007年6月 4日 (月) 16時11分

あむさん

そうですね。でもラファエロはやはりすばらしい進歩を見せたらしく、3年後にはもう一人で祭壇画を手がけているようです。

ペルジーノと一緒にシスティーナ礼拝堂の壁画を描いたピントリッキオがシエナ大聖堂のピッコローミニ書架の壁絵を描いた時は、ラファエロがその下絵を描いたらしいですよ。

その後、彼はヴァティカンに呼ばれ(1508年)、宮殿の壁画作成を始めていますが、それ以前の絵はなんとなくペルジーノの影響を残しているのに、この年以降の絵は、確実に人物の描き方や安定した3角形を取るダ・ヴィンチの影響を受けているのがよくわかります。

画家の変遷を見るのは面白いですね。

また、画家の練習の為の模範画についてですが、記憶が薄れていて申し訳ないのですが、日本画のあるグループで、火事の為に師匠の絵がなくなり、弟子達が困ったという話も聞いたことがあるような気がします・・・

裏話のような話は面白いですね。


投稿: Cojico | 2007年6月 4日 (月) 23時18分

ペルジーノは、大好きな画家です。
どうも有難うございました。

フィレンツェに、ピッツィ宮殿に、見に行きました。

アッシジにもフレスコ画を見たくていきましたが、
ローマから鉄道で<ペルージャ駅>で降りて,
バスに乗りましたが、
ペルジーノはここの地方の出身者ではないか?と思って、
緑の平野を眺めていました。
当時は、一ドルが240円で、節約旅行でした。

投稿: イエスちゃん | 2013年5月20日 (月) 00時31分

イエスちゃんさん

コメントをありがとうございます。

ペルジーノ全盛時代もあったのですよね。結構、エレガントな絵ですよね。

1ドル240円時代にペルジーノをご存じとは、イエスちゃんさんはかなり絵画にお詳しいのですね。

私もその当時、列車でアッシジに行きましたが、ペルージャは時間がなく列車からその小山に広がるペルージャの街並みを眺めているだけでした。おまけにその頃はまだ、ペルージーのという画家の存在さえ知りませんでした。

おっしゃる通り、ペルジーノはペルージャ出身だった思います。数年前ペルージャを訪れた時、大きな通りにと名前が付けられているのを見つけました。ペルージャ訪問記を少し書いていますので、カテゴリーでイタリアを選択し、一覧からペルージャを選択していただければ、現地に行かなければ見られないペルジーノの壁画も少し見られます。

http://cojicoviaggio.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/perugia-1e4b.html

イタリアは奥が深くて、興味が尽きませんね。

投稿: Cojico | 2013年5月21日 (火) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204923/15196007

この記事へのトラックバック一覧です: 知らなかったピエトロ・ペルジーノ② Pietro Perugino che non conoscevo:

« 知らなかったピエトロ・ペルジーノ① Pietro Perugino che non conoscevo | トップページ | 2007年5月に書いたこと ce que j'ai ecrit en mai 2007 »