« パヴィアの美しい僧院 Certosa di PAVIA | トップページ | 国宝「伴大納言絵巻」 出光美術館 »

2006年10月12日 (木)

10月6日(金)の事

先週の話ですが、この日は、台風から変化した強い低気圧の影響で、朝から大変風雨の強い1日でした。その日のニュースでは海でも山でも遭難事故があったことを報じていましたが、我が家にも少し影響があったので書いておきます。

この日の午後、主人が出張から成田に戻ってくる予定だったのです。いつもなら着陸予定時刻頃、成田空港のホームページを開けて、到着したのを確かめるだけで何の心配もないのですが、この日はそう簡単には終わらなかったのです。

到着便の一覧を見ると、午後の便は、軒並み”遅延”の文字が並んでいて、”到着未定”というのまでありました。

主人の乗っていた便も、初めは1時間程の遅れで着陸予定になっていたのに、そのうち3時間程の遅れに変わっていました。

そして3時間過ぎた頃またチェックすると、まだ”遅延”状態。今、どうなっているのだろう?飛行機はどこにいるのだろうと不安に思っていたとき、主人からの電話が鳴りました。

”今、羽田!”と主人。”えっ?じゃ、もう戻れるの?”と聞くと、”それが降ろしてくれないんだよ。これから40分後に成田に飛ぶんだって。”、”ええっ?”。きっと機内のみんな”ここで降ろしてくれればいいのにな”と思っていたことでしょうね。

その後、また空港のホ-ムページで着陸状況を確かめると、面白いことに、さらに着陸予定時刻がまた遅れていて、なんと6時間遅れほどになっている。ヨーロッパから12時間、さらに6時間、ああ、大変そう。機内のみなさん、うんざりしていることでしょう。

結局、夜9時20分ごろ、”今成田、成田エクスプレスの9時45分発の切符が買えたので、それに乗って帰る”との電話。この日は、架線事故の影響で京成電鉄は止まっていったので、成田はいろんな面で混乱していた事でしょう。

列車に乗っているはずの10時20分頃また電話。”まだ成田。列車が来ないんだって。今タクシーを待っているところ。先頭から3人目。”だとか・・・結局自宅に戻ったのは、夜中でした。

主人も疲れたと思いますが、なんだか、待っているこちらも疲れてしまいました。まあ、無事に戻れたので、それ以上望むことはないですが・・・

|
|

« パヴィアの美しい僧院 Certosa di PAVIA | トップページ | 国宝「伴大納言絵巻」 出光美術館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204923/13995932

この記事へのトラックバック一覧です: 10月6日(金)の事:

« パヴィアの美しい僧院 Certosa di PAVIA | トップページ | 国宝「伴大納言絵巻」 出光美術館 »